bit

JSAで人気のみやげ物を聞いてみた!

国際ニュースを見ていると、いろいろ賑わしてくれている北朝鮮。なんか世界の困ったちゃんっぽいけど、北朝鮮って一体どんな国? うーん、なんだか知りたい! ということで、北朝鮮に行ってきました! というのはさすがに無理で、北朝鮮を遠くから眺めてきました!

そんなことができるのは、韓国を訪れる観光客の間で密かにブームのDMZ(非武装地帯)&JSA(共同警備区域)ツアー。北朝鮮と韓国の休戦協定軍事分界非武装地帯(DMZ)からと、休戦会談が行われた共同警備区域(JSA)板門店の韓国側から、北朝鮮を眺めちゃおうというもの。しかし休戦中とはいえ北朝鮮と韓国は臨戦体制がしかれており、共同警備区域は、アメリカ軍と韓国軍による国連軍と北朝鮮軍の管理下にある。たとえ善良な観光客であっても、ひとたび紛争が再発すると、否応無しにそれに巻きこまれるかもしれないという。うわー、今まで味わったことの無いようなストレス。

双方の兵士を威嚇しないよう整列して歩き、北朝鮮と韓国のにらめっこの間で記念写真を撮り、北朝鮮兵士を指差しそうになってガイドのお姉さんに叱られ、背中にじんわりいい脂汗をかかせていただきましたよ。
そしてツアーにかかせないのがお土産ショップ! 今までの緊張感が緩むのと同時に財布のヒモも緩むのか、結構皆さんお買い上げになるそうです。
そこでガイドのお姉さんに、売れ筋商品を聞いてみました。

JSAお土産No.1は、思想は違えど嗜好は同じ、北朝鮮産のお酒。正規輸入物です。でっかい高麗人参や蛇がつけこんである焼酎は、アルコール度60度のツワモノ。滋養強壮にいいのだそうです。将軍様もおたしなみになっているのでしょうか。果物を使ったワインのようなお酒は女性にも人気。こちらは喜び組の皆様御用達でしょうか。変ったところでは「力道山焼酎」。日本人観光客が喜びそうですね。
次に北朝鮮産タバコも人気。私は吸わないので味はわかりませんが、色物としては面白いのではないでしょうか。

そしてこんなものまで? というのが「DMZライス」。これは北朝鮮産ではないのだけれど、韓国側の非武装地帯にはまだ人が住んでいる村があり、そこで細々と作られているお米なのだそうです。村には無許可で人が入ることができないので、結構手つかずのまま自然が残っており、無公害。当然お米はオーガニック。おいしいと評判なんだそうですが、なんかいろんな意味で重いので断念しました。
他に北朝鮮産の貴石を使ったアクセサリーや民芸品、DMZ-Tシャツなどありまして、いろいろ目移りしながらショッピングできましたよ。

以前コネタで北朝鮮グッズが買える日本のお店の売れ筋商品を紹介した記事がありましたが、JSAと日本のお店とで売れ筋が違ってくるのは、ストレス度の違いからでしょうか。一刻でも早く一杯やって落ち着きたいという心理が働くのかも!? 
しかし武装した兵士に見守られながらでもお買い物命になってしまうのは、「ふっ、資本主義の性ね」であります。
(チン・ペーペー)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2006年6月3日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース