bit

入学式、お母さんの装いについて考える

春は別れの季節だが、同時にスタートの季節でもある。というわけで、そろそろ季節は入学式シーズンだ。
本番を迎える子供も大変だが、入学式に参加する親も「どんな恰好でいけばいいの?」と迷う人が多いだろう。

入学式の装いと言えば黒や紺といったカッチリスーツより、明るめで少しラメの入ったようなものが好まれると聞く。さて実際はどんな服を選べばいいのか「オーダースーツのヨシムラ」さんに父兄、その中でも特に母親の入学式ファッションについて伺ってみた。

華やかな舞台ということで、着物を選択する人も多いが大半のお母さんは洋装を選択。それもスカートスーツかジャケットにワンピースという組み合わせがスタンダードな装いである。と、お店の方。
中でも小さな子供の入学式は、華やかで春らしい色合いのスーツが好まれがち。特に幼稚園の入園式など、親として初めて参加する式の場合は「セレモニースーツとはこんなもの」というイメージからか、フェミニンなスーツを選んでしまうそうだ。
しかし中学高校の入学式ともなると「入学式のためだけにスーツを買うのも……」と、心に余裕が生まれる。そこでセレモニー専門ではなく、ビジネスにも流用できるスーツを購入する人が増加。パステル系よりもむしろシックな色合いが増えるとか。

ちなみにセレモニースーツに流行はあるのか尋ねてみたところ、特に目立つ流行は無いそう。
ただ“すっきりとした襟元のスーツ”、“ウエストをしぼったプリンセスラインのもの”、“丈の短いジャケットでウエストをすっきり見せたもの”などが定番の人気商品。生地も「いかにもスーツ」というものより、ざっくり粗めに織られたウールの“ツイード”が春らしくオススメだという。

色味はといえば、関東では肌に馴染むベージュやイエローなどが好まれ、関西ではピンクなどの鮮やかな色が人気なのだとか。

そこでその辺の事情を探るべく、関西のスーツ売り場へ向かったところ、店頭に飾られているのは確かに華やかなピンクや水色などのパステルカラーのスーツ群。
お店の人によると「人気のカラーは断トツでピンクですね。でも一生に一度のことだからとショッキングピンクや赤など思いきった色を選択する方もいらっしゃいます」と、派手な色が好きというより“一生に一度だから”と思いきる人が多いのが関西スタイルということか。

それでもやはり最近は「入学式にしか使えない服を買うのはもったいない」ということで、メインのスーツよりも装着するだけで晴れの舞台に活躍するスカーフやコサージュなど小物にこだわる人が増えてきたそう。

そんなこんなで様々な入学式用アイテムが店頭に並んでいるとはいっても、やはり入学式の主人公は子供。目立ちすぎないよう、でもお祝い気分も盛り上げるファッションを目指してみては。
(のなかなおみ)

「オーダースーツのヨシムラ(レディース)」HP

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2008年3月31日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース