review

ソーメンじゃなかよ! 博多銘菓・鶏卵素麺はとにかく甘甘なんよ

ソーメンじゃなかよ! 博多銘菓・鶏卵素麺はとにかく甘甘なんよ
職人が手作業で魂を込めて作り続ける博多の伝統菓子「鶏卵素麺」。
「とにかく甘甘なんよ。福岡では結婚式の引き出物とか、晴れの日のお菓子に良く使われるよね。子どもの頃、これをちょっとずつ食べるのが楽しみでねえ。こんな美味いモノが、この世にあるのかと思っとったよ」

福岡の和菓子老舗、松屋菓子舗に紹介してくれた友人が、こんな風に熱く語ってくれました。断っておきますが、40代のいい大人(男性)です。

日本三大銘菓の一つに数えられ、博多の伝統銘菓として市民に愛されている「鶏卵素麺」。見た目はまさに黄金色の素麺で、箸などで少しずつ形を崩しながら、渋いお茶などと一緒にいただきます。

もともとポルトガル伝来の南蛮菓子で、1673年に福岡藩主、黒田光之公に認められ、御用菓子司「松屋利右衛門」が誕生しました。そこから数えて13代目が、松屋社長の松江光さん。今も変わらぬ味を、一子相伝の想いで作り続けているといいます。

その松江社長の好意で、今回幸運にも工場内を見学して、その秘伝の製法を取材できることになりました。
鶏卵素麺の製造場では、十数名の職人さんが黙々と仕事をされていました。ざっと見渡しても、機械らしきものが、まったくない。なんと江戸時代と変わらぬ作り方で、すべて手作業で作られているんだとか。まず、この時点でビックリです。

作り方も非常にシンプル。まず卵の卵黄を取り出して卵黄液を作ります。それを底に穴の空いた容器ですくって、沸騰させた糖蜜の中に糸のように流し込みます。頃合いを見て引き上げ、斜めに並べて、余分な蜜が落ちた後に切りそろえれば、できあがり。文字通り

あわせて読みたい

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース