bit

捨てられない服があると、カラフルなラグに仕上げてくれる

捨てられない服があると、カラフルなラグに仕上げてくれる
不要な服で、出来上がる。
自宅のクローゼットの中には、あまりにも大量の服が放置してある。中には5~10年着ていない服も、たっぷりと……。「もう、着ることはないだろう」と薄々は気づいているものの、処分できない。なぜなら、「もし3年後に、こんな服が流行る時代が再来したらどうしよう」なんて見苦しさ満点の未練を、私が抱えているから。
こうなったら、誰かに私の背中を押してほしい。着ない服を山ほど所有していたって、何の意味もないのである。

そんな時に、この情報は嬉しかった。オンラインショップの密買東京で、9月より発売されている『CROCHET RUG』なるラグが非常に有難いのだ。

このラグを製作する際、マストではないのだが、今はもう着なくなった皆さんの服を受け付けている。そして、その服をファッションブランド「meri」の作家・マリさんが、非常に色鮮やかなラグに生まれ変わらせてくれるそうだ。
どんな出来栄えになるかは元となる洋服次第だけど、一例として画像を見ていただきたい。どうですか、カラフルでしょう! 

そこで、作り方をザックリとご紹介。まずは、服を約1センチ幅に切り刻む。そして、色や柄の組み合わせを考えつつ、二枚を重ね合わせる。その二枚は違う生地なので、色合いはかなりランダムなものに。
そうして合わせた布をカラフルな糸でジグザグに縫い合わせると、不要だったはずの服がmeriの糸に変身! この糸をかぎ針でグイグイ編みあげていくと、最終的にこのラグの形になる。

あわせて読みたい

  • 間伐材で作った服

    間伐材で作った服

  • 廃タイヤから作るスニーカー

    廃タイヤから作るスニーカー

  • ジュースアルミパックをリサイクルしたストラップ

    ジュースアルミパックをリサイクルしたストラップ

  • コネタの記事をもっと見る 2011年9月26日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース