review

追悼、本でたどる天才立川談志の軌跡。死んじゃったものは仕方ないじゃないか。いいときに死んだと思おうよ

立川談志、本名松岡克由。2011年11月21日没。享年75。
生前に自分でつけた戒名は「立川雲黒斎家元勝手居士」。映画「クレヨンしんちゃん 雲黒斎の野望」とかぶるという声があったが、もちろん談志のほうが先だ。1983年に落語協会を脱退して立川流を興したあたりから、この洒落は口にしていたと記憶している。雲古に関する談志の文章の最高傑作は、弟子である高田文夫と故・景山民夫の共著『あのころ君はバカだった 民夫くんと文夫くん』に寄せられた文庫解説ではないかと思う。機会があったら一読をお薦めしたい。

談志が逝ってしまって、私は寂しい。ニュースを見てからもう10日以上も経つのに、まだ寂しい。仕方のないことである。今、できることとして文章を書く。
私は芸をどうこう言えるほど談志の高座を聴いていないし、演芸評論家の看板を上げているわけでもない。だから一書評ライターの追悼として、今日は談志についての本を紹介しようと思うのである。よかったら、しばしおつきあいください。

訃報が流れたとき、twitterのタイムラインで多く見られたのが「『談志が死んだ』にはまだ早かったのに」という嘆き節だった。ツイートした方には悪いが、その洒落は二番煎じなのである。2003年に『談志が死んだ立川流はだれが継ぐ』という本が出ている。これは「来るべき時」に備えて、立川流がどうあるべきか一門の落語家たちが対談・鼎談などの形で討論を交わした本だ。長らく品切状態にあり、今こそ復刊されてしかるべきだと思うのだが、難しいだろう。執筆者の中にすでに立川流にいない者がいるなど、8年の歳月を経て現状とは合わない内容になっているからだ。師匠に先立ち、立川文都は2009年に亡くなった。また、快楽亭ブラックは素行を問われて2005年に除名になっている。その経緯を綴った
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「追悼」に関する記事

「追悼」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「追悼」の記事

次に読みたい「追悼」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク