bit

キリスト教徒だけど坐禅!? 仏「Zen」事情

キリスト教徒だけど坐禅!? 仏「Zen」事情
フランス西部ヴァンヌ市にある古海寺での摂心の様子。
フランスの街中で、しばしば「Zen」という言葉を見かける。これは「禅」という言葉がフランス語として使われたものだ。欧州において禅は、東洋の神秘的なイメージも加わって肯定的な意味でとられることが多い。一体フランスでどれくらい市民権を得ているのだろうか。パリにある曹洞宗ヨーロッパ国際布教総監部でお話をうかがった。

「欧州全体で約4600人のメンバーがいます。そのうち、もっとも多いのがフランスで約2200人。イタリア、ドイツ、スペインがほぼ同数でそれに次ぎます。『メンバー』というのは禅に興味があり坐禅などに参加している人々のことです。日本の檀信徒の制度とは状況が異なる場合も多いので、こう呼んでいます」

日本だと寺院が坐禅の会などを主催しているが、海外ではそのような場所も多くないだろう。どのように彼らは参禅しているのだろうか。

「たとえば主催者が家の一室を提供して、サークルのような形で坐禅を修行しています。また建物のワンフロアを借りて、仏像なども安置している大規模な所もあります。このような道場ではフロアを坐禅堂と本堂を兼ねたような場所にして、坐禅を終えた後に読経をするケースもあります。その他にも、応量器と呼ばれる食器で作法にのっとって食事をしたり、夏には2泊3日から1週間、摂心と呼ばれる泊まり込みの修行もおこなわれています。またフランス中部、ブロア市近郊には『禅道尼苑』と呼ばれるフランスでもっとも大きな道場があり、そこでは1年に数度、欧州全土から多くのメンバーが集まります」

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2012年10月15日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース