1月6日、津市の三重県総合文化センターにて、若松孝二監督の映画「千年の愉楽」が全国に先がけて上映された。お隣の愛知県から1時間半ほどかけてやって来たぼくは、会場にて隣り合わせたおばあさん2人からふいに「尾鷲から来たの?」と訊かれた。今回の映画の大半のロケが三重県内で行なわれたことは聞いていたが(だからこそ全国に先がけて上映会が行なわれた)、そのロケ地が尾鷲市内だったと知ったのはこのときだ。この日も会場には尾鷲から結構たくさんの人が来ていたようである。

「千年の愉楽」は中上健次の同名小説が原作になっている。昨年8月でちょうど没後20周年を迎え、自分のなかで中上健次ブームが再燃していただけに、若松監督による映画化にはぼくも期待をふくらませていた。公開時期は当初2012年秋とアナウンスされたものの、しばらく経って2013年春に延期。監督の不慮の事故によるあまりにも突然の死は、その変更の直後、昨年10月のことであった。三重県での先行上映会は、監督が作品の完成直後より強く望んでいたものだという。監督自身がその舞台挨拶に立てなかったのは残念だが、その代わり佐野史郎、高良健吾、高岡蒼佑、井浦新、瀧口亮二(助監督を兼任)ら出演者が会場を訪れて念願がかなえられることになった。

中上健次の小説はこれ以前にも、1970年代より「青春の殺人者」(長谷川和彦監督。原作は『蛇淫』)、「赫い髪の女」(神代辰巳監督。原作は