review

カリスマAV監督の考察『軽自動車に乗る人妻はなぜ不倫に走るのか?』

カリスマAV監督の考察『軽自動車に乗る人妻はなぜ不倫に走るのか?』
『軽自動車に乗る人妻はなぜ不倫に走るのか?』溜池ゴロー・著/双葉新書<br />カリスマAV監督の溜池ゴローが人妻、熟女について語る本書。人妻の不倫ブームの考察や、熟女ブームの人気の背景。さらに、伝説的熟女AV『義母〜まり子34歳〜』の誕生秘話が語られている。「ロリ好き男性に比べて、熟女好きには今を見据える、あるいは前を見て進んでいくプラス思考の男性が多い」とは著者の言葉。そう言い切るところに、熟女AVの第一人者としての貫禄を感じる。
カリスマAV監督、溜池ゴローの人妻本が発売された。その名も『軽自動車に乗る人妻はなぜ不倫に走るのか?』
衝撃的なタイトルの本書だが、不倫ブーム、熟女ブームの社会的背景から不倫の実態、AV出演の動機、さらには人妻の口説き方まで盛り込まれている。熟女・人妻好きはもちろん、不倫を防止したい既婚男性や性生活に不満を抱える主婦にもお勧めできる一冊だ。

「軽自動車に乗る人妻はなぜ不倫に走るのか?」という問いの答えは、90年代の日本社会を考察することで明らかになる。軽自動車、ファミリーレストラン、ラブホテルという「不倫の三種の神器」が急増し、不倫のインフラ整備が行われた時代。『失楽園』(する)が97年の流行語大賞となり、以降美しい不倫イメージが定着したようだ。

考察や分析もさることながら、本書の一番の魅力は著者、溜池ゴローその人である。
溜池は『義母〜まり子34歳〜』という伝説的な熟女モノAVを制作し、それまでマイナーだった熟女ジャンルを開拓したAV監督。昨今の熟女ブームの生みの親といえる。

小学生の頃から夏木マリが好きだという生粋の「大人の色気のある女性フェチ」だった溜池。
テレビドラマの助監督を経て、94年にAV業界に飛び込んだ。だが当時は「ロリ系巨乳美少女モノ」ばかりが売れていて、溜池もさんざんその類を撮らされたという。
熟女モノの企画を複数の制作会社に持ち込むもボツの連続。撮れないなら業界から足を洗おう。そのとき声を掛けたのが、当時のソフト・オン・デマンド社長高橋がなりだった。

あわせて読みたい

  • 『なぜ人妻はそそるのか』~人妻ブームの背景には児童ポルノ禁止法の影響が?

    『なぜ人妻はそそるのか』~人妻ブームの背景には児童ポルノ禁止法の影響が?

  • なぜ彼女はAV女優になったのか?『裸心』で明かされたそれぞれの理由

    なぜ彼女はAV女優になったのか?『裸心』で明かされたそれぞれの理由

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2013年5月27日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「本」のニュース

    次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース