review

俳優陣のスキルの高さが凄い。ピエール瀧、山田孝之、リリー・フランキー競演「凶悪」の見どころ

俳優陣のスキルの高さが凄い。ピエール瀧、山田孝之、リリー・フランキー競演「凶悪」の見どころ
監督 白石和彌<br />出演 山田孝之 ピエール瀧 リリー・フランキーほか<br />全国ロードショー中<br />(C)2013「凶悪」製作委員会
「凶悪」というタイトル通り、映画の冒頭から凶悪なできごとが矢継ぎ早に起こる。こんなふうに人を痛めつけるなんて……と目を背けたくなるが、気付けば瞬きもしないで、ざらついた画面に見入ってしまっていた。
この映画の原作は、実際の殺人事件を暴く過程を追ったノンフィクションである。密かに行われていた凄惨な殺人事件をジャーナリストが暴き出し、犯人逮捕に導いたという出来事を綴ったノンフィクション「凶悪ーある死刑囚の告発」(新潮45編集部編)をもとにしているという前情報を念頭に見ていると、スクリーン上で起きている非情な行為の数々がどこまで本当にあったことなのだろうと考え、ますます目が釘付けになってしまうのだ。

悪の限りを尽くした男・須藤(ピエール瀧)は、結果、捕まって死刑判決を受けるが、拘置所から雑誌社に手紙を送る。それを読んだジャーナリスト藤井(山田孝之)は彼に会いに拘置所へ行き、須藤がまだ明るみになっていない3つの殺人事件に関与していたこと、すべての事件に首謀者がいることを聞く。

3つの事件とは、ある遺体を焼却炉で燃やしたこと、身寄りのない老人の土地を転売してから生き埋めにしたこと、借金苦の電気屋に保険金をかけて殺害というもので、その首謀者は「先生」と呼ばれる不動産ブローカー・木村(リリー・フランキー)という人物だという。
藤井はこの事件を調べてみようと考えるが、雑誌の編集長は、不動産ブローカーがヤクザと組んで人を殺すことなんてありきたりで記事にはならないと冷たい。

あわせて読みたい

  • こっちはただのダジャレだもん『電気グルーヴ、石野卓球とその周辺。』

    こっちはただのダジャレだもん『電気グルーヴ、石野卓球とその周辺。』

  • 沢木耕太郎が迫った「ロバート・キャパ」の真実

    沢木耕太郎が迫った「ロバート・キャパ」の真実

  • あの死刑囚たちが獄中で描いた「極限芸術」の凄み

    あの死刑囚たちが獄中で描いた「極限芸術」の凄み

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2013年9月25日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「西田敏行」のニュース

    次に読みたい関連記事「西田敏行」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら