review

「おおかみこどもの雨と雪」の花は果して理想の母親なのか

「おおかみこどもの雨と雪」の花は果して理想の母親なのか
『おおかみこどもの雨と雪』細田守監督作品。2012年公開。「おおかみおとこ」と恋に落ちた花が、産まれた「おおかみこども」の雨と雪を全力で育てる。花は「理想の母親」なんだろうか?
今夜の金曜ロードSHOWは細田守監督作品『おおかみこどもの雨と雪』

大学二年生の孤独な少女・花は、大学で謎めいた青年に出会う。急速に惹かれ合う二人。彼には秘密があった。実は彼は、すでに絶滅したニホンオオカミとヒトとの間に生まれた半人半獣、おおかみおとこだったのだ。花はそれを受け入れ、彼の子供を産む。一人目は女の子の「雪」、二人目は男の子の「雨」。
けれど幸せは続かない。おおかみおとこは、家族三人を残して死んでしまう。花は二人の「おおかみこども」を育てるために、田舎で過ごす決心をする……。

この作品が描いているのは、無償の母の愛と、頑張りと、子供の成長だ。
花はとにかく頑張る。ただでさえ子育ては大変なのに、「おおかみこども」という秘密のために誰にも頼れない。子供も思うようには育ってくれない。それでも花は惜しみなく子供たちに愛情をそそぎ、子供のことを一番に考える。花のことを「理想の母親」という人も多い。
だけど、私はちょっと怖くなった。お母さんって、こんなに頑張らなきゃいけないの? 愚痴ったりとか、ヒステリックになっちゃいけないの? こんなに無条件に子供のことを愛せるの?

映画では、花は「母」になっていく。
では、「母」になる前の花は、いったいどういう人間なんだろう?

花は父子家庭だ。母親については詳しく描かれていないが、幼い頃から父子ふたりで暮らしている。親戚づきあいもそこまで深くなかった。
父が幼い花に告げた言葉は、...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2013年12月20日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース