その脂は甘く、ナッツのような風味がある、と言われている。

私の家の近所では、イベリコ豚のメンチカツを2個500円くらいで売っている。普通のメンチカツなら1個50円で手に入る店もあるから、やはり希少なものであることにはちがいない。だが今や大衆居酒屋を始め、回転寿しチェーンなどでもお目にかかることができる。
「幻の豚」などと称されてはいるが、はたしていかなる豚なのか。

『イベリコ豚を買いに』は、動いている姿を直接見てみたいと思った著者が、なりゆきで新商品を開発するに至る始終を記したルポルタージュ。著者の野地秩嘉は『東京オリンピック物語』『高倉健インタヴューズ』などを上梓してきたノンフィクション作家である。

スペインの首都マドリードから南西へ150キロ離れた放牧場。東京ディズニーリゾートの約20倍の面積を持った樫の森のなかに、その豚はいた。約600匹が放し飼いにされている。体長は2メートル未満、体重は180キロから200キロと比較的大きい。

そもそもイベリコ豚とは、5500年前のイベリア半島をルーツに持つ、分類学上でいうイベリカ種の血が50パーセント以上流れている品種を指す。
通常、豚の飼料はとうもろこしや雑穀などだが、イベリコ豚は放牧場に落ちているどんぐりやハーブも摂取する。日本でどんぐりというと椎の実のだが、食べるのは樫の実。渋みが少なく、生のカシューナッツのような味がするという。

興味深いのは、日本でのイベリコ豚ブームに関する記述だ。

この記事の画像

「日本人が食べているのは、本当に美味しいイベリコ豚なのか『イベリコ豚を買いに』」の画像1 「日本人が食べているのは、本当に美味しいイベリコ豚なのか『イベリコ豚を買いに』」の画像2 「日本人が食べているのは、本当に美味しいイベリコ豚なのか『イベリコ豚を買いに』」の画像3