review

桜庭作品の少女たちはなぜペットボトルを持っているのか。映画『私の男』原作者・桜庭一樹に聞く2

       
6月14日(土)から公開される「私の男」の原作者・桜庭一樹インタビュー後編。女性の描き方をはじめとして、映画と小説の違いについて伺いました。
子供時代の花が抱えているペットボトルにも、意外な秘密が……。
前編はこちら

───熊切監督は、桜庭さんのお好きな『揮発性の女』をはじめ『夏の終り』『ノン子36歳(家事手伝い)』など女性が主人公の映画も多いし、描くのも巧い気がしますが、桜庭さんが感じた、女性の書き方の違いなどはありますか?
桜庭 自分が女性なので、その視点で書いているのに比べて、熊切さんは、距離をとって女性を見ている気がします。『私の男』も遠いところから検証している気がしました。これは脚本家の宇治田隆史さんの視点かもしれません。例えば、淳悟の恋人・小町が、警官にちょっかいをかけられて、「私のこと好きなんですよ」というシーンで「と言ってる小町の若くない手」というト書きが書いてあって、「おう! おう!」 って(笑)。少女がもっている悪意の魅力とか、女の人のゆだんしている後ろ姿や、本人が気づいていない横顔の表情などが、時々すっと台本に入ってきて、それは自分にはない視点で、面白かったんです。

───やっぱり、ご自分が書いたものと違いがあったほうが面白いですか?
桜庭 そうですね。特に、私は女性を書いているので、男性が撮ったほうが面白い気はします。この前、映画化された『赤×ピンク』(監督:坂本浩一、脚本:港岳彦)も、女性が小説を書いて、女性が出演するから、映画を作る人は男性がいいのではないかってことだったんです。男性と女性、両方の視点が入って作られたほうがいいということはありますね。私の担当の編集さんも男女半々くらいがいいかなと。たいてい、女性の作家には女性の編集者がつくことが多いものですが、男女、両方いたほうが違った意見が入るから、とお願いしたことがあります。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年6月13日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。