review

当たり前のことだが、江戸の人間にも恥があった『わらう春画』の危険な誤解

秘め事が描かれた絵、「春画」。2013年秋から2014年初めまで大英博物館で行われた春画展は3カ月で8万8000人近くの来場者を集め、大英博物館の2013年の年間来場者数は歴代最高となっている。
春画の評価は海外では高い。しかし、日本では研究書はあまり出版されておらず、研究者も少ない。
そんな中で、春画にまつわる新書が出版された。『わらう春画』(朝日新書)。著者は海外の有名な春画収集家、オフェル・シャガン。イスラエル生まれで、すでに日本・イギリスで春画に関する本を出版している。コレクションは充実していて、大英博物館の春画展にも協力していた。

『わらう春画』は、江戸時代の春画をたくさん紹介しつつ、春画の歴史や性質について説明している。
載せられている春画をぱらぱら見るだけで楽しい。楽しいのだが、この本、春画に対しての誤認が非常に多い。
〈春画とは、社会的メッセージを伝えるために、性的題材を扱ったアートである〉
シャガンは春画に対してこのような考えを持っている。それを主張するために、事実をねじまげる(もしくは誤解している)ようなところがあるのだ。

春画の本が出て、手に取る人が多ければ、それはとてもいいことだ。興味が集まれば春画の研究も盛んになるかもしれない。でも、間違いが広まっていき、定着するのは怖い。
『わらう春画』の大きな誤解3つを紹介していきたい。


■「春画はポルノではない」

〈一見、日本の「古代版ポルノ」でくくられてしまいがちな春画だが、ポルノとして存在した春画というのは実は非常に稀なのである。(中略)春画とポルノを区別するわかりやすい例に、マスターベーションのお供かどうか、という見解がある。ポルノの役割はこのマスターベーションを誘発するところにあり、そこに社会的メッセージ性は含まれていない〉

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年10月23日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。