review

ドラマ「天皇の料理番」の「のく蔵」こと篤蔵は、明治の宮本武蔵なのか

       
これは“近代版・宮本武蔵”なのではないか。
TBSの日曜劇場「天皇の料理番」の第1話(4月26日放送)を見て、私がまず思ったのはそれだった。

ドラマは、明治37(1904)年の正月を迎えた福井県武生(たけふ)の光景から始まった。人々が新年を祝うなか、僧侶たちが戸板にむしろをかぶせた遺体らしきものを乗せて運んでいく。やがて戸板はその土地の旧家にまで届けられ、家の者たちが何事かと出てくる。確認したところ、戸板に乗っていたのは遺体ではなかった。その家……秋山家の次男坊・篤蔵(佐藤健)が、修業先の寺で正月とばかり酒をしこたま飲み、すっかり酔いつぶれて運ばれてきたのだ。僧侶らは、酔ったあげく狼藉を働いた篤蔵を破門にしたと告げて帰っていく。じつはそれ以前から、篤蔵は寺で悪さばかりしており、僧侶たちもすっかり手を焼いていたのだった。

激怒した父・秋山周蔵は、篤蔵を庭木の枝に縄で吊るし上げる。このシーンがまさに宮本武蔵そのものだ。これまで映画やドラマなどで繰り返し描かれてきたように、若き日の武蔵は乱暴狼藉の限りを尽くしたあげく沢庵和尚に捕まり、杉の梢に吊るし上げられて数日間放置される。もっとも、これは史実というよりは、昭和の国民的作家・吉川英治が小説『宮本武蔵』で描いたことで世に広まったエピソードだ。吉川描く武蔵は沢庵に反省の弁を述べ許しを請うのだが、篤蔵はこんなことでは懲りない。

もともと篤蔵は、いったん何かに憧れるとじっとはしていられない性分だった。寺に入る前にも、軍人や相場師などさまざまな職業に憧れては、親の止めるのも聞かず家を飛び出し、そのくせ行った先で気に入らないことがあるとすぐに戻って来てしまう。そんな篤蔵を、父や地元の者は、バカな子を意味する「のくてぇ子」という土地の言葉から「のく蔵」と呼んだ。ちなみにこの呼び名は、原作である杉森久英の小説

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ルーズヴェルト・ゲーム」のニュース

次に読みたい関連記事「ルーズヴェルト・ゲーム」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ごめんね青春!」のニュース

次に読みたい関連記事「ごめんね青春!」のニュースをもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

天皇の料理番

天皇の料理番

「天皇の料理番」は杉森久英の小説が原作のドラマ。TBS60周年特別企画として放送されている。宮内省大膳職の初代司厨長を務めた秋山徳蔵の実話をベースにした。

2015年5月3日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。