review

家族を置いていなくなるの、何度目?「まれ」119話

朝ドラ「まれ」(NHK 月〜土 朝8時〜)8月14日(金)放送。第20週「男たちのウイークエンド」第119話より。脚本:篠崎絵里子(崎の大は立) 演出:西村武五郎
家族を置いていなくなるの、何度目?「まれ」119話
「連続テレビ小説 まれ Part2 」NHK出版 

119話は、こんな話


徹(大泉洋)に脅迫メールを送ったのは、彼の会社の元社員・山口(池田一真/しずる)だった。会社が倒産し、家族とも別れた山口は、徹に恨みをもっていたのだ。知らず知らずにひとを不幸にしていると知った徹は行方をくらます。

今日の、西村演出


一子(清水富美加)も帰ってきて、引き続き「家族のしあわせのかたち」を考える119話。
高志(渡辺大知)がメジャーデビューし、テレビ出演しているのをみんなで見ながら、一子の取材の流れで、しあわせについて思いを馳せる。
高志の歌「涙のふたり」は希(土屋太鳳)と圭太(山崎賢人)が結ばれた思い出の曲なので、ふたりはラブラブ(結婚指輪の左手を握り合うアップ)。
人生設計はシンプルに、「(愛するひとや家族と)いっしょにおることだけ」を大切にしたいと思う希。父母の姿を見て育っただけあるなあと思わせます。

「上を向いて歩こう」をみんなで楽しく歌う姿と、どん底の徹が交互に映る。
徐々に暗くなっていく徹の姿。差し色のようにちょっとだけ赤い光が映り込んでいるが、やがて完全に黒に。一瞬無音。そして、蝉の声。明るい陽光のなか、自転車をこいだり、小走りする藍子に、徹の手紙の声が重なる。
「おとうさんはひとりになります」
ずーん・・・。

あわせて読みたい

  • なぜ「ウイークエンド」「まれ」117話

    なぜ「ウイークエンド」「まれ」117話

  • サザエさんか!「まれ」116話

    サザエさんか!「まれ」116話

  • どんな展開になっても驚かない「まれ」

    どんな展開になっても驚かない「まれ」

  • 次世代に絶望してますか「まれ」114回

    次世代に絶望してますか「まれ」114回

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2015年8月15日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    まれ

    まれ

    『まれ』は、NHKで放送されている連続テレビ小説。今回は、パティシエを目指す少女・希(まれ)の物語。幼いころ石川県能登地方に越してきた希は、 世界一のパティシエを目指し、横浜で厳しい修業に挑んでいく……

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース