review

岡田斗司夫愛人事件とサークルクラッシャーは社会全体の問題である

「サークルクラッシャー」とは、男子の集団にひとり入りこみ、色恋沙汰を起こして集団を崩壊させる女子のこと。最初に観測されたのは、ゲームセンターの音ゲーの男子コミュニティに入った女子だとか。それを機に意外といろいろな男子コミュニティに存在することが認識されるようになった。名付け親は評論家の宇野常寛と言われる。
この厄介なサークルクラッシャーをやっていた女性・鶉まどかが、その実体を赤裸々に描いた本が「岡田斗司夫の愛人になった彼女とならなかった私 サークルクラッシャーの恋愛論」だ。鶉はこの本で、今年前半大問題となった岡田斗司夫の愛人事件をとりあげ、それとサークルクラッシャーという現象は地続きであり、深刻な社会問題とも密接に関係していると説く。
いったいどんな関係があるのか? そして、サークルクラッシャーをやる女性とはどんな人なのか? 興味津々で会いに行ってみた。
岡田斗司夫愛人事件とサークルクラッシャーは社会全体の問題である
『岡田斗司夫の愛人になった彼女とならなかった私 サークルクラッシャーの恋愛論』鶉まどか/コア新書

ある高名な先生に誘われて断ったことが著者(元サークルクラッシャー)が、岡田斗司夫愛人事件を客観的に見て、愛人をつくる男、サークルクラッシュする女、それに騙されてしまう男や女、それぞれの立場にたって、なぜこういうことが起るのか考え、派手な恋愛イベントはなくても、ただ相手を思い合う恋愛をする方法を提案する。人気ブログに大幅に加筆、再構成している。

世の中に多く存在する“岡田斗司夫的な男性”について書きました


──この本、タイトルにものすごくインパクトがありますよね。最初、鶉さんも岡田斗司夫の愛人にされそうになったの? と思っちゃいましたが、違うんですよね。このタイトルを使うのは、ある種の釣りっぽい感じもしますし、これを使うリスクはなかったですか?
 当然リスクもありました。実際、この本の元になっている私のブログは、このタイトルを使っていたため、めちゃめちゃ炎上して、バッシングもすごく受けました。7割は男性でしたね。私はその記事で、世の中に多く存在する“岡田斗司夫的な男性”について書きました。さらに、どう見たって危ない岡田斗司夫的な男の人に、私と同年代の女の子がひょいひょいついていってしまう背景には、同年代の男の子たちの臆病さみたいなものがあるのではないか? といった趣旨のことも書いたんですが、男性から「これだから女は!」みたいな感じでバッシングされました。でも私は、それだけバッシングされるというのは、そこに真実があるからではないかと思ったんですね。痛いところを突かれたから過剰に反応しているのではないか、と。だから、たしかにリスクはあると思いますが、“岡田斗司夫問題”はそもそも岡田斗司夫と女の子たちのことだけの問題ではなく、社会全体の問題であるということを語るためには、このタイトルが最適だろうと思っています。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2015年8月18日のレビュー記事
「岡田斗司夫愛人事件とサークルクラッシャーは社会全体の問題である」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    デブオタク上から目線 嫌味 テレビから消えろ

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース