review

バカリズム「みんな笑顔になれ」三村「選挙出んの?」白熱の「IPPONグランプリ」を解説してみた

       
バカリズム「勝ち負けだけでなく、小さなお子様からお年寄りまでが笑顔になれ、そして、お笑いっていいな、大喜利っていいなと思っていただけるような放送になればいいなと思っています」
三村マサカズ「選挙出んの?」

11月14日に放送された『IPPONグランプリ』(フジテレビ系列)。第14回となる今大会は、10人中6人が優勝経験者であり、初出場にさまぁ〜ず・三村マサカズを迎えるという、もはやチャンピオン大会。予想通りの大混戦となった。
バカリズム「みんな笑顔になれ」三村「選挙出んの?」白熱の「IPPONグランプリ」を解説してみた
『IPPONグランプリ12』 2014.11.08 OAの様子を収録したDVD。有吉弘行/飯尾和樹(ずん)/伊藤修子/大久保佳代子(オアシズ)/小木博明(おぎやはぎ)/こいで(シャンプーハット)/千原ジュニア(千原兄弟)/ちゅうえい(流れ星)/バカリズム/堀内健(ネプチューン)

Aブロック:誰なんだカワナベコーセイ


予選Aブロックメンバーは、バカリズム/スピードワゴン小沢/ロバート秋山/堀内健/オードリー若林の5人。
1〜2問目では、バカリズムと若林がリード。しかし、ぐんぐん追い上げたのがロバート秋山だった。秋山のスタイルは一言で言えば「憑依」。何かしらのキャラになって答えを読む、というパターンに入ると強い。

第2問「バズーカを持っているところを職務質問されました 言い逃れして下さい」では、バカリズムと秋山の答えを比べるとテンションが真逆なことに気がつく。

■バカリズム
「あ、これプレゼント用なんで」
「今日みんなで鍋やるんですよ」
「いや、ここで待合せなんですよ」
■秋山
「私は酒もタバコもギャンブルもやらないんだ!これくらいやらせてくれよ!」
「いやまた言われたよ、これ砂糖菓子!」
「使いかたさえ守れば、ものすごく身体にいいものだと思ってました」

「言い逃れしてください」という要求に、フラットなテンションで穏便に済ませるバカリズムに対し、逆ギレや大ボケのキャラで返す秋山。一度ぶっとんだキャラを作って、そこに憑依して答えを読む。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年11月15日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。