bit

ゾウの鼻毛はどうなっているのか解説「すごい動物学」

ゾウの鼻がどういう仕組みになっているかご存知だろうか? ゾウの鼻先部分(指のように少しとがっているところ)は私たちの鼻の頭に相当し、ゾウの鼻先の下の部分は我々の上唇の先に相当するのだそう。「よく悪ガキが鉛筆を鼻の下に挟んでふざけるが、ゾウ鼻の使い方はそれと同じ原理。」という。「すごい動物学」(永岡書店)の中で解説されている内容である。

動物の生態をおもしろく解説


ゾウの鼻毛はどうなっているのか解説「すごい動物学」

先日、12月23日公開の壮大なネイチャードキュメンタリー映画「シーズンズ 2万年の地球旅行」のアフレコ会見でMCを務めていた際、日本語監修の新宅広二さんから、著書の「すごい動物学」を紹介いただいた。同書ではゾウをはじめ様々な動物の生態を新宅さんが独自の目線で面白おかしく解説してくれている。

ゾウが水を飲むときは、鼻をストローのようにして吸って飲むのではなく、鼻にためた水を口に持っていって、それを吸って飲んでいるのだとか。へぇ~へぇ~へぇ~、言われて見ればそんな仕草見たことあるかも。ほかにもゾウの鼻技テクニックが多数紹介され、「じゃぁ、ゾウの鼻毛はどうなっていると思いますか?」という問いもある。あの長くて大きな鼻の中は果たしてどうなっているのか? その答えは、読んでみてのお楽しみ。
ゾウの鼻毛はどうなっているのか解説「すごい動物学」

「すごい動物学」を読むとゴリラに対するイメージも覆される。"ゴリラ"と聞くと、大きくて黒い動物、獰猛で怖いetc…映画「キングコング」を思い出す人もいるだろう。ゴリラは19世紀には、怪力で凶暴極まりないモンスターとしてその名が伝わり、映画「キングコング」さながらに議論が起こり、追い込まれ大量捕獲されたこともあったそう。だが実際のゴリラは、人間と喉の構造が異なるために言葉を話すことはできず、うなり声のような音しか出せないが、手話を教えれば少なくとも2000語程度を使いこなして、人間と会話できるようになるのだそう(!)。ジャイアンみたいな性格なのかと思いきや、繊細で好きな相手の目を見ることができずとってもシャイな動物なんですって、きゅーん。

あわせて読みたい

  • ナマケモノからゴキブリまで! 大阪で噂の「熱帯雨林」に行ってきた

    ナマケモノからゴキブリまで! 大阪で噂の「熱帯雨林」に行ってきた

  • ゴリラと子猫が仲良くなった訳をジャガーと仲良くなったムツゴロウさんに聞く

    ゴリラと子猫が仲良くなった訳をジャガーと仲良くなったムツゴロウさんに聞く

  • 猫好きの間でひそかにブレイク中! 世にも珍しい“猫の本屋さん”

    猫好きの間でひそかにブレイク中! 世にも珍しい“猫の本屋さん”

  • ネコの肉球の感触が味わえるiPhoneケース

    ネコの肉球の感触が味わえるiPhoneケース

  • コネタの記事をもっと見る 2015年12月24日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース