review

初心者が読んでも「こじれない」恋愛マニュアルの選び方

恋愛で1冊本が書ける人というのは、だいたい生まれもっての恋愛上手ではない。どこかしら恋愛にコンプレックスや歪みがあり、それを技術で乗り越えたり恋愛について延々と悩んだりしたからこそ、1冊分の分量が生まれる。
元恋愛下手が書く、恋愛下手に向けた、誰も答えがわからない自己啓発書──それが恋愛本の普遍的な正体だ。
悪いフォームが身に着くとスポーツの成績が伸び悩むように、変な恋愛論がしみつくとズレた行動を繰り返し、まっとうな恋愛がしにくくなる。

私の黒歴史を開陳すると、中学生の時にネット上の「No.1ホストが教える恋愛術」みたいなサイトを見て、「男性とデートするときは冬は絶対ブーツ! ミュールなんて色気がない! 待ち合わせの時に脚をクロスして立っているとグッと来る」というのを真に受け、実行に移していた。
今思うと「お前がブーツ好きなだけじゃん……」
その他にもメールの「あいうえお」を「ぁぃぅぇぉ」にしてみたりね、しましたね。古傷がどんどん痛んできたのでこの話はこれで終わりです。
初心者が読んでも「こじれない」恋愛マニュアルの選び方
黒歴史を踏まえてオススメするアルテイシア『オクテ女子のための恋愛基礎講座』(幻冬舎)

そんなトラップだらけの恋愛マニュアルの中で、恋愛初心者の女性が買って読んでも「変にこじれない」本の条件は以下の3つだ。

1.筆者が既婚者である(もしくは長く安定したパートナーがいる)


多くの女性は「不特定多数とやりまくりたい」ではなく、「彼氏を作りたい」「付き合った人とうまくやっていきたい」と考えている。
その場合、たとえば一時期大流行した「小悪魔」系──銀座のホステスが教える男心の掴み方というのは一部しか参考にならない。不特定多数の(ほぼ初対面の)相手の心を瞬間に掴むことはできても、そこからいかにパートナーとして成長していくかは書いていない(書けない)からだ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年2月17日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。