review

ボクっ娘宜ちゃんの僥倖の極み「あさが来た」126話

朝ドラ「あさが来た」(NHK 月〜土 朝8時〜)2月27日(土)放送。第21週「夢見る人」第126話より。原案:古川智映子 脚本:大森美香 演出:西谷真一
ボクっ娘宜ちゃんの僥倖の極み「あさが来た」126話
イラスト/小西りえこ

126話はこんな話


藍之助(森下大地)に山王寺屋再建の夢を託していた菊(萬田久子)だったが、それは無理だと惣兵衛(柄本佑)言われて絶望。その後、倒れてしまう。

自分のことを「僕」と呼ぶ宜ちゃん


「お母ちゃん歩くの遅いな」って、ふゆは出てこないのかよ!
役員秘書になり、九州から大阪へ、家族で戻ってきた亀助(三宅弘城)。娘のなつは出てきても、嫁のふゆはいなかった。
後半になると、レギュラーの脇役が出てこなくなることは、朝ドラではよくあることとはいえ、「あさが来た」で注目された清原果耶が顔を出さないとはどういうことだ。何年も経っている設定にしては、彼女ではさすがに若過ぎるってことだろうか。いやいや、波瑠だって相当若いんだからいいと思うのだが・・・。
亀助が大八車を引っ張ってくるアングルが、見えないところにふゆがいるのかなと思わせぶりなのも、山王寺屋問題にがっかりする菊と同じレベルのがっかりだった。
126話はこれに尽きる。雁助(山内圭哉)の手紙とうめ(友近)の反応とか菊の倒れ方とか新次郎(玉木宏)の娘愛とかいろいろあったけれど、ふゆ問題にはかなわない。
と言って、ここで今日はおしまいっていうのもなんなので、126話で、「顔面のよき男は女を惑わせ破滅させ、ろくな男はいないという旧来の認識を改めざるを得ませんな」などと言っていた眼鏡っ娘・田村宜(吉岡里帆)について書こう。

あわせて読みたい

  • 自分のことしか考えない「あさが来た」

    自分のことしか考えない「あさが来た」

  • 銀行出来た〜!「あさが来た」123話

    銀行出来た〜!「あさが来た」123話

  • 刃物のイケメン「あさが来た」122話

    刃物のイケメン「あさが来た」122話

  • ええ具合にブスッと「あさが来た」

    ええ具合にブスッと「あさが来た」

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2016年2月29日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュース

    次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュース

    次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュース

    次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュースをもっと見る

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    あさが来た

    あさが来た

    『あさが来た』は幕末から明治、大正の時代に活躍した実業家・広岡浅子をモデルにしたNHK連続テレビ小説。

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース