review

DDTプロレスが両国国技館に大観衆を集めるも、高木三四郎「20周年は今まで通りではいけない」

8月28日、両国国技館にてプロレス団体・DDTが「両国ピーターパン2016~世界でいちばん熱い夏~」を開催した。
DDTプロレスが両国国技館に大観衆を集めるも、高木三四郎「20周年は今まで通りではいけない」

来年で20周年を迎えるDDTだが、今では夏の両国大会が同団体の“恒例行事”となっている。というわけで、この日を待ち遠しく思っていたファンの熱気は高い。観客は大挙して来場し、5,394人超満員という結果に。
DDTプロレスが両国国技館に大観衆を集めるも、高木三四郎「20周年は今まで通りではいけない」

ご覧いただければわかるが、客席の南側は入場ゲートとLEDモニターを設置するために使用されている。贅沢な舞台演出を行った結果だ。
DDTプロレスが両国国技館に大観衆を集めるも、高木三四郎「20周年は今まで通りではいけない」

以前、エキレビでDDTの大社長・高木三四郎選手インタビューを敢行したが、その時に氏が述べていた「スケール感を出していくためにLEDモニターは大事」という発言が思い出される。

オープニングマッチ(第1試合)の前には「ダークマッチ」と題された試合が行われているのだが、そこには百田光雄とその息子・力が出場しており、記者のようなオールドファンのハートもキャッチしてみせる人選がニクい。
DDTプロレスが両国国技館に大観衆を集めるも、高木三四郎「20周年は今まで通りではいけない」

この日の興行は14時スタートなので、試合の副題には「6時半の男、1時半の親子として登場」というキャッチが付けられていた。

王者・焼き鳥のベルトを巡ってバトルロイヤル


この日は計10試合(ダークマッチ、アンダーマッチを除く)が組まれていて盛りだくさんの内容なのだが、特に皆さんに知っていただきたいのは「アイアンマンヘビーメタル級選手権」である。
とにかく、試合形式が特殊だ。挑戦者は問われず、24時間いかなる場所でも3カウント・ギブアップによりベルトが移動。例えばチャンピオンが就寝中にフォールされて3つ入ってしまえば、その時点で新チャンピオンが誕生する。要するに、油断や隙は大敵。時には団体のスタッフ、タレント、一般人、動物、脚立やバットなどの無機物、車といった顔ぶれが王座に就くハプニングも起こったりする。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年8月31日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。