bit

日常に疲れたキツネの“忙しい人あるある”が共感を呼ぶ理由

以前にコネタで紹介した、仕事の締め切りに追われるキツネを描いたtamaさんのイラスト集『キツネまわりみち~グータラしててもやる気はあるから~』。この作品が日々忙しく仕事する人たちの共感を呼んでいて、ステーショナリーなどを中心にしたグッズも人気だ。
日常に疲れたキツネの“忙しい人あるある”が共感を呼ぶ理由
グッズなども人気のtamaさんの新作イラスト集『キツネけものみち~途方にくれてもなんとかなるから~』(ブックマン社刊、1100円税別)。

その待望の続編となる『キツネけものみち~途方にくれてもなんとかなるから~』が、3月30日に発売されることに。そこで、まずその数日前に行われた先行発売サイン会にお邪魔して、tamaさんが描くキツネの人気の秘密を探ってみた。
日常に疲れたキツネの“忙しい人あるある”が共感を呼ぶ理由
明正堂アトレ上野店のショーウインドーでは現在、『キツネけものみち~』祭り(?)が開催中。ふわふわのキツネのしっぽは、作家tamaさんの自作!

会場の明正堂アトレ上野店では、前作『キツネまわりみち~』のタイミングからtamaさんの作品をお店をあげて応援している。
日常に疲れたキツネの“忙しい人あるある”が共感を呼ぶ理由

日常に疲れたキツネの“忙しい人あるある”が共感を呼ぶ理由
『キツネけものみち~』発売を記念した特設コーナー。イラスト集のほか、IPhoneケースやブックカバー、クリアファイルなどのグッズも人気だそう。愛を感じるPOPにも注目。


スタッフ・柳林さん「私が元々キツネが好きだったので、友人が『キツネが主人公のこういう作品があるよ』と教えてくれたんです。その頃ちょうどtamaさんが個展をやられていたので友人と一緒に観に行って、興味を持ったのが最初ですね」

商品仕入統括・増山さん「彼女(柳林さん)に『めちゃめちゃかわいいので!』と推されて自分でも読んでみたら面白かったので、店での展開を決めました。前作の『キツネまわりみち~』は、うちの店舗だけでも300冊以上売れているんです。書店でこういう風にグッズも一緒に展開するのは珍しいことなんですが、出版社のブックマン社さんにもかなり協力していただいて、今はアイテムも充実していますね」

そんな“キツネ愛ネットワーク”を発端にしたこの商品展開。ショーウインドー前では外国人観光客も「So Cute!」などと言いながら写真を撮ったりと、興味津々な様子だった。tamaさんのサイン会に並んだファンの方々は、若い女性が中心だが男性の姿も目立ち、幅広い層からの愛されぶりが伝わるかのようだ。

tamaさんのキャラクターのiPhoneケースやトートバッグなどを持ったファンの女性は「キャラクターのニクめない感じのところが好きなんです。キツネなんだけどすごく人間味があって、見ているとなんだか癒されます」と語っていた。
日常に疲れたキツネの“忙しい人あるある”が共感を呼ぶ理由
サイン会ではスタッフの方々も、手作りキツネ帽子やキツネ名札で応援。

tamaさんはTwitterをきっかけにファンを増やしたが、今回の『キツネけものみち~』の収録作品の約8割はTwitterでは公開されていない描きおろしということなので興味深い。tamaさん本人にも1作目の『キツネまわりみち』を出されたときの反響から振り返ってもらった。
日常に疲れたキツネの“忙しい人あるある”が共感を呼ぶ理由
ビビッドな色使いで描かれたページはインパクト絶大。

あわせて読みたい

  • キュートな狐まみれの展示会

    キュートな狐まみれの展示会

  • 「猫づくし」ヒグチユウコの絵本

    「猫づくし」ヒグチユウコの絵本

  • 限定200冊。あえて時代の逆をいく! 3万円の絵本って?

    限定200冊。あえて時代の逆をいく! 3万円の絵本って?

  • 噂のウサギ食パンも "ウサ充"散歩

    噂のウサギ食パンも "ウサ充"散歩

  • コネタの記事をもっと見る 2017年3月30日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース