review

山下智久「コード・ブルー」5話。ガッキーキレる「患者に次はない!」

「医者の重要な仕事の一つ、痛みを取り除くこと。そのために医者は勉強し、あらゆる手段を講じる。しかし、患者の痛みを正確に理解できる医者は一人もいない。痛みとはその人でなければ決してわからないものだから」
重みのある藍沢(山下智久)のナレーションではじまった「コード・ブルー」5話。
山下智久「コード・ブルー」5話。ガッキーキレる「患者に次はない!」
イラスト/Morimori no moRi

コード・ブルー5話「寄り添う人」


「助けて!緋山先生」泣き叫ぶ冴島(比嘉愛未)。
妊娠を機にヘリを降りる決断をした冴島だが、仕事中に突然倒れてしまう。同じ処置室にいた夫の藤川(浅利陽介)が付きそい、緋山(戸田恵梨香)が処置にあたった。

「赤ちゃん……助けてあげられなくてごめん」
子宮頸管無力症による流産だった。涙をこらえながら伝える緋山に、同じく涙をこらえて「まだチャンスはあるから…」と気丈に返す冴島。
つわりでトマトしか食べられなかったはずが、術後はご飯を美味しく食べられると泣き出す。もっと早くヘリを降りれば……気持ちの整理がつかないのに、体は容赦なく現実を突きつける。冴島がご飯を食べる姿には涙が出た。

そんな事情もお構いなしに出動要請が入る翔北救命センター。白石(新垣結衣)と駆けつけた現場で、負傷したレスキュー隊員の倉田(大谷亮介)の処置にあたった名取(有岡大貴)。軽症と判断して別の病院へ搬送するも容体が急変、翔北へ再搬送された。余裕の表情で戻ってきた名取の目が泳ぐ。俺は悪くないと言わんばかりに、患者を前に立ち去ってしまう。「寄り添う」どころか逃げる名取……。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2017年8月21日のレビュー記事
「山下智久「コード・ブルー」5話。ガッキーキレる「患者に次はない!」」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    似顔絵がなかなか似てないことにくすっとする

    2
  • 匿名さん 通報

    いつも観てる。比嘉さんや新垣さんや戸田恵梨香さんが出演しているからなあ

    1
  • 匿名さん 通報

    アホなドラマ。本物のお医者さん、カッコいい!

    1
  • 匿名さん 通報

    役柄抜きで、いくら優秀だとしても自分のオペは山Pにしてほしくない。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コード・ブルー

コード・ブルー

「コード・ブルー」レビュー記事一覧

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース