review

松本人志「ドキュメンタル」シーズン5がヤバい「放送コード無いんでしょ?」荒ぶるザコシ操るジュニア

芸人10人。参加費100万円。制限時間6時間。最後まで笑わなかった者に、優勝賞金1100万円。

芸人たちがお互いのプライドをかけて相手を笑わせ合う「密室笑わせ合いサバイバル」、『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』(Amazon Prime Video)。4月末よりシーズン5が始まった。
『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン5 (c)2018 YD Creation

「放送コード無いんでしょ?」


シーズン5の参加者は、ジミー大西、千原ジュニア(千原兄弟)、ケンドーコバヤシ、陣内智則、たむらけんじ、ハリウッドザコシショウ、高橋茂雄(サバンナ)、秋山竜次(ロバート)、狩野英孝、山内健司(かまいたち)。

基本ルールはこれまでと同じ。制限時間6時間のあいだに「最後まで笑わない」かつ「最も相手を笑わせた」者が優勝。シーズン5からは新たに「助っ人システム」が導入され、各自一度だけ外部から「助っ人」を呼ぶことが可能になった。誰を呼んでいるかは参加者同士はもちろん、視聴者にも明かされていない。

記事執筆時点ではエピソード3までが配信され、番組内ではスタートから3時間ほど経過している。ジミー大西がイソジンを飲み、かまいたち山内が足をなめ、ロバート秋山が梅宮辰夫になるなど、激しい打ち合いが繰り広げられるなか、ザコシショウの手数が群を抜いて多いことに気づく。

ザコシショウは開始前のインタビューで「放送コード無いんでしょ?じゃ俺しかねぇでしょ?」と自信を覗かせていた。

この記事の画像

「松本人志「ドキュメンタル」シーズン5がヤバい「放送コード無いんでしょ?」荒ぶるザコシ操るジュニア」の画像1 「松本人志「ドキュメンタル」シーズン5がヤバい「放送コード無いんでしょ?」荒ぶるザコシ操るジュニア」の画像2 「松本人志「ドキュメンタル」シーズン5がヤバい「放送コード無いんでしょ?」荒ぶるザコシ操るジュニア」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

松本人志のプロフィールを見る
レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「松本人志」に関する記事

「松本人志」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「松本人志」の記事

次に読みたい「松本人志」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク