review

「病院ラジオ」に涙が止まらない。サンドウィッチマンが患者や家族とトークするだけなのに

こんなに泣くと思わなかった。この原稿を書くために録画を見返しているが、また泣いてしまうので原稿が進まない。8月9日に放送された『病院ラジオ』(NHK総合)が素晴らしかったのだ。

サンドウィッチマンの2人が病院にラジオ局を作り、患者や家族とトークをする。文字にすればそれだけの番組だ。それなのに、なぜこんなに胸を打つのか。

徹底した引き算が心地いい


『病院ラジオ』の舞台は、大阪にある国立循環器病研究センター。その中庭にテントを張り、2日間限定のネットラジオ局を作った。ラジオを聴けるのは病院内だけ。ラジオブースには患者やその家族が訪れ、サンドウィッチマンとトークを繰り広げる。

1人目のゲストは、車椅子で現れた70代のおばあちゃん。年齢を聞かれ「52歳」とあっけらかんとウソをつき笑う。自宅で脳梗塞により倒れ、現在はリハビリの最中だという。

伊達:びっくりされたでしょう、旦那さんも
おば:でもうちのお父さん、いろいろあった夫婦だけどね……
伊達:いろいろあった夫婦? ひとつくらい教えてくださいよ
おば:それがちょっと……いろいろあって言えないのよ〜(笑)
富澤:なんすかいろいろって
おば:一番ありがちな問題!
伊達:浮気ですね。
おば:(プイッ!と黙る)
富澤:黙った(笑)

これまで家事を一切しなかった旦那さんは、洗濯をするようになり、毎日病室にも来てくれるという。しかしおばあちゃんは「優しいと思うでしょう?……罪滅ぼし」「今まで支えたぶん返してもらわないと死ねないもん」とサンドの二人を笑わせる。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク