review

「病院ラジオ」に涙が止まらない。サンドウィッチマンが患者や家族とトークするだけなのに

「病院ラジオ」に涙が止まらない。サンドウィッチマンが患者や家族とトークするだけなのに
『復活力』(幻冬舎文庫)。10年前の著書『敗者復活』を大幅に加筆修正し、10年を振り返る対談を新録。
こんなに泣くと思わなかった。この原稿を書くために録画を見返しているが、また泣いてしまうので原稿が進まない。8月9日に放送された『病院ラジオ』(NHK総合)が素晴らしかったのだ。

サンドウィッチマンの2人が病院にラジオ局を作り、患者や家族とトークをする。文字にすればそれだけの番組だ。それなのに、なぜこんなに胸を打つのか。

徹底した引き算が心地いい


『病院ラジオ』の舞台は、大阪にある国立循環器病研究センター。その中庭にテントを張り、2日間限定のネットラジオ局を作った。ラジオを聴けるのは病院内だけ。ラジオブースには患者やその家族が訪れ、サンドウィッチマンとトークを繰り広げる。

1人目のゲストは、車椅子で現れた70代のおばあちゃん。年齢を聞かれ「52歳」とあっけらかんとウソをつき笑う。自宅で脳梗塞により倒れ、現在はリハビリの最中だという。

伊達:びっくりされたでしょう、旦那さんも
おば:でもうちのお父さん、いろいろあった夫婦だけどね……
伊達:いろいろあった夫婦? ひとつくらい教えてくださいよ
おば:それがちょっと……いろいろあって言えないのよ〜(笑)
富澤:なんすかいろいろって
おば:一番ありがちな問題!
伊達:浮気ですね。
おば:(プイッ!と黙る)
富澤:黙った(笑)

これまで家事を一切しなかった旦那さんは、洗濯をするようになり、毎日病室にも来てくれるという。しかしおばあちゃんは「優しいと思うでしょう?……罪滅ぼし」「今まで支えたぶん返してもらわないと死ねないもん」とサンドの二人を笑わせる。

あわせて読みたい

  • 「おっさんずラブ」アンジャッシュかと

    「おっさんずラブ」アンジャッシュかと

  • ぼっちの松岡茉優が聴いていたラジオ

    ぼっちの松岡茉優が聴いていたラジオ

  • 永六輔はもはや「ラジオの精霊」なのか

    永六輔はもはや「ラジオの精霊」なのか

  • 伊集院光の怪談はなぜ怖いのか「ばらえてぃーぷらす」でその技術を堪能する

    伊集院光の怪談はなぜ怖いのか「ばらえてぃーぷらす」でその技術を堪能する

  • レビューの記事をもっと見る 2018年8月11日のレビュー記事
    「「病院ラジオ」に涙が止まらない。サンドウィッチマンが患者や家族とトークするだけなのに」の みんなの反応 10
    • 匿名さん 通報

      >番組は徹底した引き算で構成され、視聴者の感受性に全てを委ねている。その姿勢は潔く、心地良い。  24時間テレビにない真実の放送ですね❗

      23
    • Y-みん 通報

      すごく良い番組だった。

      14
    • 匿名さん 通報

      >再放送   見逃さないようにしないと❗

      9
    • 匿名さん 通報

      見てみたいけど、見れない。見る勇気が無い。見ると辛くなるから。辛いと泣くから。 泣きたくないから。

      3
    • 匿名さん 通報

      脳梗塞で旦那さんが昔浮気してたって言ってたばあちゃん、 チャーミングで可愛い人だったね。

      1
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース