review

グッドルーザーたちの甲子園100年。日本文理、星稜、東北勢の悲願

「100回の夏。奇跡。高校野球はすごい! 高校球児はすごい!!」
ABCテレビの実況アナウンサーはそう叫んでいた。

夏の甲子園100回大会、8日目第3試合、星稜(石川)vs.済美(愛媛)の一戦は、延長13回裏、大会史上2度目のタイブレークの末、100回の歴史で史上初という逆転サヨナラ満塁ホームランでミラクル済美が勝利。まさに100年語り継ぎたい伝説の試合になった。

大会前から、石川大会で見せた圧倒的な強さ、先輩・松井秀喜の始球式がある開幕戦を当てた引きの強さもあって、星稜が遂に悲願の初優勝をするのではないか、と注目していた。

それだけに、「やはり星稜の負けっぷりはすさまじい」「“グッドルーザー星稜”はもはや伝統だな」と再認識した次第。私だけでなく、今回の敗戦で、星稜の過去の敗戦の歴史を思い出した人は多いはずだ。
グッドルーザーたちの甲子園100年。日本文理、星稜、東北勢の悲願

甲子園の歴史とは、敗者たちの物語


この夏、『ざっくり甲子園100年100ネタ』(廣済堂出版)と題した本を上梓した。

過去100年以上の歴史を有する高校野球の歴史から、これは外せない、というエピソードを【選手】【監督】【学校】【勝負】【球場】【大会】【逸話】【人物】の8ジャンルから計100個選出。それぞれのエピソードを1000文字ずつでできるだけ簡潔に、それでいて、甲子園の歴史の流れが掴めるように、と意識してまとめた一冊だ。もし、今大会が終わったあとの執筆になったとしたら、今回の星稜vs.済美の試合も収めたに違いない。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2018年8月13日のレビュー記事
「グッドルーザーたちの甲子園100年。日本文理、星稜、東北勢の悲願」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    今年もまた、東北はグッドルーザーになってしまいましたね!いつになったら、特北の優勝は見れるのだろうか?

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース