review

「まんぷく」39話。疫病神につきまとわれて貧乏に。貧乏コントみたいな音楽で借金を重ねていく

第7週「私がなんとかします!」 第39回 11月14日(水)放送より
脚本:福田 靖 
演出:安達もじり
音楽:川井憲次
キャスト:安藤サクラ、長谷川博己、内田有紀、松下奈緒、要潤、大谷亮平、
     桐谷健太、片岡愛之助、橋本マナミ、松井玲奈、呉城久美、松坂慶子、橋爪功、瀬戸康史ほか
語り:芦田愛菜
主題歌:DREAMS COME TRUE「あなたとトゥラッタッタ♪」
制作統括:真鍋 斎
「まんぷく」39話。疫病神につきまとわれて貧乏に。貧乏コントみたいな音楽で借金を重ねていく
イラストと文/木俣冬

39話のあらすじ


世良(桐谷健太)が専売局を通さず闇市で売ってやると連絡してくるが、萬平(長谷川博己)は専売局が最上級と認める塩を作るとこだわる。

昭和のコントのよう


「おはよう日本 関東版」の高瀬アナの朝ドラ前のコメントが、鈴(松坂慶子)の芸についてを期待したら、萬平のチャウチャウネタだった。受けると言われてやったら滑った思い出があるそうだ。

さて、鈴さんだが、39話も順調にコメディエンヌっぷりを発揮した。
従業員の食事は質素に、鈴や福子は1日2食となり、昭和の時代劇コント(お父さんおかゆができたわよ的な)にかかるような劇伴で、貧乏の悲哀を語る場面には目が点になった。

鈴は最上級の白い塩にこだわる萬平に、それでは効率が悪いから多少茶色でもいいじゃないかと言い出す。孫には白い塩を食べさせたいが、知らない人なら……と。
鈴は世の中に必ずいるちょっと困った人をカリカチュアしている。
ただ鈴は「あの人(萬平)はお父さんと同じ匂いがする 山師の匂いよ」と言うだけあって、一度は山師に苦労させられた経験のある身。生きるために少しぐらいずるくなっても仕方ないのかもしれない。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2018年11月15日のレビュー記事
「「まんぷく」39話。疫病神につきまとわれて貧乏に。貧乏コントみたいな音楽で借金を重ねていく」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    「お金の工面は私がするから萬平さんは納得のいく物を作って」と言いながら借金をするようでは駄目ですよね。お金を貸してくれた上でこのままでは駄目だと指摘してくれるハナちゃん夫婦はいい人達。

    15
  • もえしょっく 通報

    私は、鈴さんの意見は一般論を代弁しているように見えました。それで萬平さんのこだわりや頑固さを際立たせているような。品質とコストの関係はビジネス永遠の課題ですよね。福子さんの経営手腕に期待したいです。

    6
  • 匿名さん 通報

    イラストの悪魔世良さん、ちょっと可愛い。

    6
  • 匿名さん 通報

    >多少茶色でもいいじゃないかと言い出す。孫には白い塩を食べさせたいが、知らない人なら……と。  気持ちはわかるけど、それを言っちゃあまずくないですか?

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「エンタメ」のニュース

次に読みたい関連記事「エンタメ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ドキュメンタリー」のニュース

次に読みたい関連記事「ドキュメンタリー」のニュースをもっと見る

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

まんぷく

「まんぷく」レビュー一覧

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース