review

「下町ロケット」新春ドラマ特別編はまるで大人向けの戦隊ヒーロー物だった。農業ロボット、発進!

昨日放送された「下町ロケット」新春ドラマ特別編(TBS系)は、去年12月まで日曜劇場で放送された本編の展開をことごとくひっくり返し、佃航平(阿部寛)率いる佃製作所が理想を貫き、最終的に勝利を収めた。

本編の第2部「ヤタガラス編」では、無人農業ロボットの開発をめぐり、佃製作所が提携した帝国重工と、ダイダロス・ギアゴースト・キーシンによる中小企業連合がしのぎを削った。だが、帝国重工が売り出した「ランドクロウ」は、中小企業連合の「ダーウィン」を相手に苦戦する。
「下町ロケット」新春ドラマ特別編はまるで大人向けの戦隊ヒーロー物だった。農業ロボット、発進!
「下町ロケット」新春ドラマ特別編の原作となった池井戸潤『下町ロケット ヤタガラス』(小学館)

悪役・的場は失脚するもモヤモヤが残る


ランドクロウのプロジェクトを指揮する的場(神田正輝)は結果を急くあまり、ダーウィンにかかわっていた下請け企業に圧力をかけて手を引かせる。そのためダーウィンの出荷は一時中断されるも、そんな強引な手がずっと効くわけもない。中小企業連合は帝国重工を下請法違反として訴え、的場は逆に窮地に追いこまれた。腹心だった奥沢(福澤朗)にも、後ろ盾となってきた会長の沖田(品川徹)にもとうとう見捨てられ、彼は失脚する。

中小企業連合のうちダイダロスの重田(古舘伊知郎)とギアゴーストの伊丹(尾上菊之助)はこれまで、因縁の相手である的場に復讐することを第一にダーウィンプロジェクトを進めてきた。それだけに的場の失脚は、彼らにとって喜ぶべき結末であったはずだ。だが、いざ勝利してみるとむなしさだけが残った。伊丹にとっては、このとき司法に訴え出るよう入れ知恵した法律顧問が、これまた因縁の相手である元弁護士の中川(池畑慎之介)とあって、よけいに複雑であった。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「下町ロケット」新春ドラマ特別編はまるで大人向けの戦隊ヒーロー物だった。農業ロボット、発進!」の みんなの反応 6
  • 匿名さん 通報

    >本編の最終回で描かれたように、島津は佃製作所に移ると、技術開発部の面々と一丸となってシャフトを改善し、問題を克服~その際、佃の勧めできちんと特許をとっていたことが、じわじわと効力を発揮 逆転の流れ❗

    2
  • 匿名さん 通報

    >当然ながら佃は拒まざるをえなかった。佃以上に社員の反発は強く、技術開発部の立花(竹内涼真)にいたっては、もし伊丹の要求を飲むなら会社をやめるとまで言い出す。  やれやれダゼ!

    2
  • 匿名さん 通報

    >殿村をバカにしてきた~稲本(岡田浩暉)は予想を誤り、台風上陸の直前に~稲刈りを始め~泣きついたのが~殿村だった。殿村は~稲本の気持ちを汲むと~恨みを水に流し、彼に~コンバインを提供~ 人が好過ぎる❗

    2
この記事にコメントする

もっと読む

「下町ロケット」に関する記事

「下町ロケット」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「下町ロケット」の記事

次に読みたい「下町ロケット」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

下町ロケット

下町ロケット

池井戸潤の直木賞受賞作を阿部寛、土屋太鳳らでドラマ化。2015年の10月期に放送したエンターテインメント巨編『下町ロケット』の新シリーズ。TBS 日曜劇場にて、2018年10月14日〜12月23日放送(2019年1月2日に特別編放送)。

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク