review

なぜ京急の文字は「平べったい」のか『もじもじもじ鉄』鉄道と文字のディープな関係

あなたは電車に乗っている。席に座り、心地良い振動に身をまかせ、ウトウトと眠りにつく。やがて駅に着いたことに気づき、ハッと駅名を確認する。

ストップ。いま何を見ただろうか。ホームや壁面に設置された「駅名標」を確認したはずだ。この駅名標、鉄道会社ごとに書体やデザインが異なっていることにお気づきだろうか。

駅名標や出口案内、路線図、車両の標記など、駅には「文字」があふれている。その書体やデザインを考察し、愛でる趣味が「もじ鉄」だ。その提唱者、石川祐基の『もじもじもじ鉄 鉄道の書体とデザインほぼぜんぶ』(三才ブックス)がおもしろい。
なぜ京急の文字は「平べったい」のか『もじもじもじ鉄』鉄道と文字のディープな関係
石川祐基 『もじもじもじ鉄 鉄道の書体とデザインほぼぜんぶ』(三才ブックス )

石川は前作『もじ鉄』で、全国166社ぶんの駅名標を全て写真付きで解説している。例えば、JR東日本の駅名標は、和文が「新ゴB」、英文が「Helvetica Bold」というフォントで書かれているという。「東京」と「Tokyo」では、フォントが異なるのだ。他にも、和テイスト(箱根登山鉄道)、手書き文字(小湊鐵道)、縦書き(富士急行)、Officeでおなじみ「創英角ポップ体」(阿佐海岸鉄道)など、個性豊かな「もじ」の世界を見せてくれた。

『もじもじもじ鉄』では、さらに一歩踏み込み、鉄道会社やデザイナーへのインタビューを中心に構成されている。「どうしてこのデザインなのか」「なぜこの書体なのか」を“中の人”に聞いてみると、思いもよらないこだわりが飛び出しくる。

なぜ京急の文字は「平べったい」のか


あわせて読みたい

  • 電車路線図をデザインしたのは誰か

    電車路線図をデザインしたのは誰か

  • ルイ・ヴィトンのロゴが高級に見える理由

    ルイ・ヴィトンのロゴが高級に見える理由

  • 元祖「エヴァ」『市川崑のタイポグラフィ』の考察

    元祖「エヴァ」『市川崑のタイポグラフィ』の考察

  • 「原材料名 生乳100%」の秘密

    「原材料名 生乳100%」の秘密

  • レビューの記事をもっと見る 2019年2月6日のレビュー記事
    「なぜ京急の文字は「平べったい」のか『もじもじもじ鉄』鉄道と文字のディープな関係」の みんなの反応 3
    • 文字のデザイナーは… 通報

      気づいてくれたら、嬉しいと思います。職人の「神は細部に宿る」。いっぱしのデザイナーは、後身にはそこまでドケチじゃないでしょう?このライターさんが気づいたように。

      1
    • 匿名さん 通報

      京急社長ほどあくどい奴は見たことがない。

      0
    • 匿名さん 通報

      シャボトワ、ドーピングを認めるhttps://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/01/22/kiji/20190122s00079000023000c.html

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース