review

「いだてん」一番おかしいのは日本のオリンピック参加を決めたあの人だ「おかしな二人」7話

「いだてん」一番おかしいのは日本のオリンピック参加を決めたあの人だ「おかしな二人」7話
イラスト/まつもとりえこ
       
宮藤官九郎作の大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」(放送は毎週日曜、総合テレビでは午後8時、BSプレミアムでは午後6時、BS4Kでは午前9時から)。先週2月17日には第7話が放送された。

一番おかしいのは四三でも弥彦でもなく、やっぱりあの人


1912年のストックホルムオリンピックのマラソン日本代表に選ばれた東京高等師範学校の金栗四三(中村勘九郎)は、尊敬する校長・嘉納治五郎に言いくるめられ、自費で遠征することになった。1800円もの旅費を郷里・熊本の実家に用立ててもらうべく、家長である実兄の実次(中村獅童)に恐る恐る手紙を送ると、意外にも快諾の返事が。実次は、弟がオリンピック予選会で世界記録を出したことを誇りに思い、ぜひ力になってやりたいと思ったのだ。

しかし没落した造り酒屋である金栗家にそんな大金が簡単に用意できるわけもない。兄からはそれ以後、手紙が途絶える。果たして無事に1800円は工面できるのか……四三は不安を抱きながらも、ストックホルム行きに備え、米国体育学士の大森兵蔵(竹野内豊)の妻・安仁子(シャーロット・ケイト・フォックス)からテーブルマナーの猛特訓を受けることに。このとき、同じく日本代表となった短距離走の三島弥彦(生田斗真)と初めて引き合わされる。

弥彦は弥彦で、旅費はすぐ用意できる身分にありながら(何しろ亡父は官僚、兄は日銀総裁という名門である)、兄の弥太郎(小澤征悦)や母の和歌子(白石加代子)からオリンピック参加の許しが出ず、いったんは辞退していた。出自は対照的だが、オリンピックに行けるかどうかという点では同じ境遇に立たされた四三と弥彦。第7話はサブタイトルどおり、この「おかしな二人」を軸に展開した。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「いだてん」一番おかしいのは日本のオリンピック参加を決めたあの人だ「おかしな二人」7話」の みんなの反応 17
  • 匿名さん 通報

    >弥彦は女中のシマ(杉咲花)に言って帰りがけにおにぎりを持たせてやるなど、案外いいやつだということがわかってきた。   シマも、可愛らしいなあ(仕草やしゃべり方などメイドっぽくて)

    3
  • 匿名さん 通報

    >今回、1960年の志ん生(ビートたけし)  滑舌が悪く聞き取りにくいので、もう出番は不要です。

    2
  • 匿名さん 通報

    見る気もしないといいながら、コメントする。結局、気になってるからですね❗

    2
  • 匿名さん 通報

    >「金1800円ば持ってきたばい!」と上京した実次と久々の対面を果たす。路上でしばしお互い涙を流しながら、しかと抱きしめあう二人。  ギリギリ間に合いましたね❗

    2
  • 匿名さん 通報

    >そこには大きく「勝」の文字が刺繍されていた。そう、そのコートは、かの勝海舟から贈られた~これには語り手を務める若き日の古今亭志ん生=美濃部孝蔵(森山未來)も驚き そうでしたっけ?見落としかな?

    1
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

いだてん

NHK大河ドラマ「いだてん」

2019年2月24日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。