review

「なつぞら」アニメーション編突入、もう一つの昭和アニメ青春物語『二度目の人生アニメーター』も熱い

朝の連続テレビ小説「なつぞら」が、いよいよアニメーション編に突入する。主人公のなつがアニメ制作会社に入ってアニメーターとして活躍(?)する様は、まさに「昭和アニメ青春物語」と呼ぶのがふさわしい。

同じく昭和の時代を舞台に若きアニメーターたち奮闘するコミックが、宮尾岳「二度目の人生アニメーター」(少年画報社)だ。実は「昭和アニメ青春物語」とは、版元のサイトに記されていたこの作品のキャッチコピーである。現在2巻まで刊行されている。
「なつぞら」アニメーション編突入、もう一つの昭和アニメ青春物語『二度目の人生アニメーター』も熱い

タイトルからわかるように、タイムスリップもの。58歳のサラリーマン・多田は、娘の結婚のきっかけが自分の高校時代の同級生でスーパーアニメーターになっていた金野一の作品、通称「コンイチアニメ」だったことを知る。金野の訃報を聞き、過去を懐かしんでいた多田は、突然18歳の頃――1977年にタイムスリップしてしまう。

18歳の多田アユム(中身は58歳)は、高校で斬新なパラパラマンガを描く金野ハジメと再会するが、金野はアニメを仕事にする気がさらさらない。このままでは「コンイチアニメ」は生まれず、娘が結婚できない! 焦った多田は、金野をアニメーターにするため、アニメーター志望の同級生・真野ヨウコ(作者の宮尾岳がキャラクター原案を手がけた「魔物ハンター妖子」の真野妖子と見た目も名前も同じ)とともに、アニメ制作会社の門を叩く。

「なつぞら」のなつがアニメ制作会社に入るのが1957年前後だから、ちょうど20年後の世界ということになる。1977年は映画「宇宙戦艦ヤマト」が大ヒット、テレビでは数多くのロボットアニメが放映され、1979年には「機動戦士ガンダム」が誕生、宮崎駿監督は「ルパン三世 カリオストロの城」を発表する。

あわせて読みたい

  • 「たまゆら」アニメーター個人画集発売

    「たまゆら」アニメーター個人画集発売

  • 死んだその日がピークだった。荒木伸吾回顧展『瞳と魂』2

    死んだその日がピークだった。荒木伸吾回顧展『瞳と魂』2

  • 「あしたのジョー」「バビル2世」「聖闘士星矢」の伝説アニメーター、荒木伸吾回顧展『瞳と魂』1

    「あしたのジョー」「バビル2世」「聖闘士星矢」の伝説アニメーター、荒木伸吾回顧展『瞳と魂』1

  • なぜケツが話題なのか「楽園追放」の謎

    なぜケツが話題なのか「楽園追放」の謎

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2019年5月31日のレビュー記事
    「「なつぞら」アニメーション編突入、もう一つの昭和アニメ青春物語『二度目の人生アニメーター』も熱い」の みんなの反応 2
    • 匿名さん 通報

      こんな話じゃなくてさあ、安倍晋三が遺伝子組み換えの食品を国民に無理矢理食わせようとしている現実を話題にすれば?日本人の健康はもう終わりだよ?

      0
    • 匿名さん 通報

      年金を株にぶっこんで何十兆円も溶かした安倍晋三をありがたがるバカって一体なんなの???もう生きていけないよ君たち。

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュース

    次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュース

    次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュース

    次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース