review

生田斗真「俺の話は長い」「大抵のことは傷ついて覚えるしかない」高さの合わない台所が教えてくれる2話

綾子「違うでしょ。毎日コーヒー淹れたいんでしょ」
「はあ?」
綾子「お母さんのためとか関係ないの。あなたが淹れたいから淹れてるだけなのよ」
「急に哲学の話。コーヒーを淹れるために生きているのか、生きるためにコーヒーを淹れているのか」

10月19日(土)放送の土曜ドラマ 『俺の話は長い』(日本テレビ系)第2話。およそ30分×2本立ての構成になっている本作。今回は「其の三 焼きそばと海」「其の四 コーヒーと台所」の2本だった。

「其の三 焼きそばと海」では、主人公・(生田斗真)の姪・ 春海(清原果耶)が再び学校に行きたくないと言い出した。姉の 綾子(小池栄子)から春海を説得して学校に行かせるよう頼まれた満は、春海に声をかける。

「其の四 コーヒーと台所」では、定職に就かない満を綾子が責める。自分で始めて潰してしまったコーヒー屋に未練があるのではないかと綾子は言うが、満は否定。母親・ 房枝(原田美枝子)に毎朝コーヒーを淹れていることまで強く否定され、満は「もう淹れない」と言ってしまう。
生田斗真「俺の話は長い」「大抵のことは傷ついて覚えるしかない」高さの合わない台所が教えてくれる2話
イラスト/たけだあや

背の高さに合わない台所


朝5時半。背の低い房枝にちょうど良いであろう高さの台所、テーブルで、背の高い満がコーヒーを淹れている。お湯を沸かし、豆をひいて、息を飲むほど真剣に湯を注ぎ入れ、あらかじめ湯で温めていたカップにコーヒーを注ぐ。台所とテーブルの高さに合わせて、満は脚を大きく広げたりしていた。

房枝は、2年前に亡くなった夫の喫茶店「ポラリス」を継いで営んでいる。家の台所と違って、ポラリスは房枝にちょうど良く作られていない。カウンターは房枝には少しだけ高いように見える。そこで、房枝は常連客たちに愛されている。

あわせて読みたい

  • 「いだてん」伝説の場所で生田斗真力走

    「いだてん」伝説の場所で生田斗真力走

  • 「正義のセ」ベタだけど説得力があった

    「正義のセ」ベタだけど説得力があった

  • 最終回「ゼロ」福本伸行の凄さを再確認

    最終回「ゼロ」福本伸行の凄さを再確認

  • 最終回「透明なゆりかご」透明な子とは

    最終回「透明なゆりかご」透明な子とは

  • レビューの記事をもっと見る 2019年10月26日のレビュー記事

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「本」のニュース

    次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。