review

朝ドラ『おちょやん』千之助と万太郎、一平と父、一平と千之助の関係が修復 バンザーイ!バンザーイ!

『おちょやん』第14週「兄弟喧嘩」

第70回〈3月12日(金)放送 作:八津弘幸、演出:小谷高義〉

朝ドラ『おちょやん』千之助と万太郎、一平と父、一平と千之助の関係が修復 バンザーイ!バンザーイ!
イラスト/おうか
※本文にネタバレを含みます

「いい兄弟喧嘩見せてもろうたってなあ」(大山社長)

万太郎一座と家庭劇の対決の結果が出た。そして、千之助(星田英利)万太郎(板尾創路)の長年の確執にも幕が引かれた。

【前話レビュー】千之助が心の内を語り、初めて劇団員に頭を下げる→家庭劇団結

最後の最後まで、素直になれない人たちのちょっとピリ辛テイスト。これまでのやさしい朝ドラテイストとは少し違うけれど、これはこれでジャンルとしては存在する。

なにより注目は、ほとんど劇中劇だったこと。アヴァンは劇中劇、主題歌明けは8時7分まで劇中劇。つまり15分中、ほぼ半分、劇中劇だったのだ。これは斬新。演じている人も作っている人も大変だろう。

一平(成田凌)と千之助の初の共同作「丘の一本杉」は、一平が息子、千之助が父で、喧嘩ばかりしているという設定。基本、ドタバタしているなかで、家庭劇のモデルは松竹新喜劇の前身なので、小山田正憲(曾我廼家寛太郎)だけが松竹新喜劇の雰囲気でやっていて、セリフの言い方や体の使い方などがひとり全然違った。ためがあって、じっくり見せる。

彼が古いスギの木を見て「目に見えんところで年寄りには年寄りの良さがあるもんです」と語るセリフは染みた。昔の人はこういうしみじみするお芝居が大好きだったのだ。

ほかの俳優は動きもしゃべりも早い。とりわけ、星田英利は、お年寄りの役にもかかわらず、ものすごく動きのキレがいい。左右に俊敏に動く運動神経の良さはゲームキャラのようだった。

途中、万太郎の視線に気づき、千之助がピリッとなる。千之助は彼に向かって言うようにセリフを発する。

「いまとなってはもうやり直すことはできへんのやなあ。せめて体だけは丈夫になあ」

それを黙って見ている万太郎。

「子供に捨てられた親はこないに寂しいもんやとは知らなんだ」

千之助の20年来の万太郎への気持ちの現れと、一平と初代・天海の思いが重なった。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おちょやん

おちょやん

NHK「連続テレビ小説」第103作目の作品。女優の道にすべてを懸ける杉咲花演じるヒロインが、喜劇界のプリンスと結婚。昭和の激動の時代に、大家族のような劇団生活を経て、自分らしい生き方と居場所を見つけていく。2020年11月30日~放送中。

2021年3月12日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。