review

朝ドラ『おちょやん』熊田の功績を振り返る 演じる西川忠志は大阪松竹座で桂春団治役をやる予定だった

『おちょやん』第23週「今日もええ天気や」

第112回〈5月11日(火)放送 作:八津弘幸、演出:梛川善郎〉

朝ドラ『おちょやん』熊田の功績を振り返る 演じる西川忠志は大阪松竹座で桂春団治役をやる予定だった
イラスト/おうか
※本文にネタバレを含みます

千代は、鶴亀新喜劇に出るのか

鶴亀株式会社で長年務めあげた熊田(西川忠志)は自身の定年前に、もう一度、千代(杉咲花)に鶴亀新喜劇で芝居をしてほしいと考えていた。

【前話レビュー】“共演NG”の千代と一平が接近 ついに最終週、どう決着するのか

千代に頼みに行き、一平(成田凌)にも相談するが、一平は万にひとつもありえないと決めつける。

「もしそないことになったら……喜劇やな」

この決めゼリフからオープニングへ入るタイミングは気持ちがよかった。

一方、千代は悩んでいた。そのせいで、ラジオドラマの仕事にも身が入らない。悩んだ末、千代は道頓堀に向かう。春子(毎田暖乃)を連れて。

岡福の人たち、新喜劇の人たち(一平以外)はあたたかく迎えてくれて、千代は噛みしめる。

「せやな春子、うちらはふたりだけやあれへんのや。みんな、うちらにとって大事な家族なんや」

熊田さんはどんな人だったか復習

「竹井千代は道頓堀の舞台女優なんやってみんなに知ってもらいたいんや」

熊田はそう言って千代に出演交渉した。熊田は出番はさほど多くないながら、『おちょやん』の初期から出ていた準レギュラー的な存在の人物。最初は劇場支配人で、芝居茶屋で働きながらお芝居に興味をもつお茶子・千代(毎田)に芝居を観せたり、『人形の家』の台本を与えたり、いわば、俳優・千代の恩人である。

鶴亀株式会社社員で、大山社長(中村雁治郎)の片腕のようになって上方演劇に身を捧げてきたイメージ。鶴亀家庭劇が発足するとその責任者になった。プロデューサーみたいなものであろうか。戦後、また鶴亀新喜劇に関わり、社長が退いた後も働いている。出世したのかはよくわからないし、下の名前も最後まで出てこないが、最後の最後で、千代と一平の再共演を企画するという大仕事を行うことに。

『あさイチ』で華丸が「チケットとれへんやろ」と発言したことで気づいたのだが、熊田が千代を鶴亀新喜劇に呼ぶことは一大イベントである。なにしろ千代はラジオドラマのヒットによっていまや全国区の人気者だ。彼女が一回限りの特別興行に出演するとなれば、観客は殺到するだろう。それこそチケット争奪戦になりそうだ。

熊田にはもちろん、長年一緒に仕事してきた千代に対する人情もあるだろうけれど、演劇に関わってきた者としては、千代が育った道頓堀の劇場――故郷に錦を飾ってほしい。それがビッグビジネスになればなおいい。そういう欲もあるはずだ。大山社長もいつも商売のことを考えていたわけで。華丸の発言のおかげで、熊田の商売人としての一面に気づくことができた。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おちょやん

おちょやん

NHK「連続テレビ小説」第103作目の作品。女優の道にすべてを懸ける杉咲花演じる千代が、喜劇界のプリンスと結婚。大家族のような劇団生活を経て、自分らしい生き方と居場所を見つけていく。2020年11月30日~2021年5月15日放送。

2021年5月11日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク