ソニーが“仮想空間”のエティハド・スタジアムで実現したいこと――マンチェスター・シティとパートナーシップ契約を締結した理由

ソニーが“仮想空間”のエティハド・スタジアムで実現したいこと――マンチェスター・シティとパートナーシップ契約を締結した理由
拡大する(全5枚)

2021年11月30日、ソニーグループ株式会社(以下、ソニー)はマンチェスター・シティ・フットボール・クラブ(以下、マンチェスター・シティ)と「オフィシャル・バーチャル・ファンエンゲージメント・パートナーシップ契約 」を締結したことを発表した。本契約に関するプレスリリース内には、“メタバース”の名称で注目されている仮想空間上のサービスをはじめ、高い技術力を持つソニーだからこそ実現できる、スポーツエンタテインメント分野での取り組み予定が記載されている。

ソニーはこの契約で何を実現しようとしているのか。そして、パートナーシップの相手がマンチェスター・シティである理由は何なのか。話は約1年前、同社が2020年10月14日にJリーグ・横浜F・マリノス(以下、F・マリノス)と締結した「テクノロジー&エンタテインメント分野でパートナーシップに向けた意向確認書 」までさかのぼる。

ソニーとサッカー界を繋ぐ2つのパートナーシップ。両契約を主幹するソニーの山口周吾氏と小松正茂氏に話を聞いた。

ホークアイで計測できる“骨格データ”とは

――2020年10月14日、ソニーとF・マリノスは「テクノロジー&エンタテインメント分野でパートナーシップに向けた意向確認書」を締結しています。今回のマンチェスター・シティとのパートナーシップ契約と内容的に近しいものですが、まずはこの経緯から教えてもらえますか?

小松「ソニーとしてスポーツの分野で既に事業を行っていますが、さらにそれをエンタテインメントの領域まで展開したい意向がありました。いろんな方に意見を伺う中でF・マリノスで普及育成事業を担っている宮本(功)さんをご紹介いただきました。F・マリノスさんがCFG(シティ・フットボール・グループ)と提携している影響もあると思うのですが、宮本さんは『マリノスを世界に通用するクラブにしたい』という想いをお持ちで、我われの『スポーツ分野において新たなエンタテインメントをグローバルで展開したい』という考えと合致したので(パートナーシップ契約に関する)話し合いを始めたのが最初ですね」


この記事の画像

「ソニーが“仮想空間”のエティハド・スタジアムで実現したいこと――マンチェスター・シティとパートナーシップ契約を締結した理由」の画像1 「ソニーが“仮想空間”のエティハド・スタジアムで実現したいこと――マンチェスター・シティとパートナーシップ契約を締結した理由」の画像2 「ソニーが“仮想空間”のエティハド・スタジアムで実現したいこと――マンチェスター・シティとパートナーシップ契約を締結した理由」の画像3 「ソニーが“仮想空間”のエティハド・スタジアムで実現したいこと――マンチェスター・シティとパートナーシップ契約を締結した理由」の画像4
「ソニーが“仮想空間”のエティハド・スタジアムで実現したいこと――マンチェスター・シティとパートナーシップ契約を締結した理由」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

footballistaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「マンチェスター・シティ」に関する記事

「マンチェスター・シティ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「マンチェスター・シティ」の記事

次に読みたい「マンチェスター・シティ」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク