《イベント終わったから質問やるわ》

3月6日、インスタグラムのストーリーズにこう投稿したのはKAT-TUN上田竜也(39)。ストーリーズに搭載されている質問機能を用い、ファンからの質問を募ったが、その回答が話題を呼んでいる。

レギュラー出演する『炎の体育会TV』(TBS系)で格闘技に挑戦したり、「ジャニーズ陸上部」と題したジャニーズJr.の陸上対決をキャプテンとして率いたりと、“熱血キャラ”として知られる上田。また、櫻井翔(41)を“アニキ”と呼んで慕うほか、ボクシングジム通いなどもファンの間では知られており、“ワイルド”な印象も強い。

そんなイメージからか、この日ファンからは次のような質問が寄せられた。

《ラウールの倒し方教えて》

後輩グループ・Snow Manのラウール(19)に関する質問。これに対し上田は次のように回答した。

《身長高えからな ミゾに右ストレート入れて苦しんで屈んだ瞬間顔面に飛び膝蹴りかな》

身長190cmというラウールの特性に合わせた必勝法を明かすと、続いて、Kis-My-Ft2玉森裕太(32)の倒し方についても、《警戒心強そうだから後ろからそーっと近づいていきなりのジャーマンスープレックスかな》と、またも玉森の性格を分析した上での倒し方を持っているようだ。

先輩である岡田准一(42)に対しても容赦はしない。《岡田准一の倒し方教えて》という質問に対し、《離れてからのショットガンで1発かな》と回答。上田と同じく格闘技好きで、カリやジークンドーのインストラクター資格も持つ岡田については、あえて近接戦闘を挑まず武器で対抗するという戦法のようだ。

また、「セクシーサンキュー」の決め台詞の王子様キャラで知られるSexy Zone中島健人(28)について聞かれると、《セクシーサンキューでカッコつけた瞬間腕掴んで腕ひしぎ十字固め》とユーモラスに回答していた。

KinKi Kids堂本光一さん(44)については、光一さんが主演を務める舞台『Endless SHOCK』の名シーンであるワイヤーでのフライングシーンに合わせ《フライングのワイヤーに切れ目いれとく》と回答。

King&Prince平野紫耀さん(26)は肉体美がファンの間でも有名ですが、《腹筋すごいよね~見してよ~なんて言ってフレンドリーに近づいてそのまま思いっきり腹筋噛みついて痛がってうずくまってるところをサッカーボールキック》と、平野さんの特徴を分析して倒し方を説明していました」(スポーツ紙記者)

2月14日にインスタグラムを開設したばかりの上田だが、武闘派ぶりを遺憾なく発揮する投稿にSNS上でも反響が続々と寄せられた。

《上田くんのインスタのストーリーのラウールの倒し方怖すぎてwwwwwwwww》
《岡田准一だけ素手で倒すの諦めてて草》
《岡田くんにだけショットガン使うとか肉弾戦しないの色々分かってておもろすぎる》
《セクシーサンキュー想像して声出た》