小出監督との出会いで夢を見なくなった。それでも走り続ける怪物ランナー・新谷仁美の本音

小出監督との出会いで夢を見なくなった。それでも走り続ける怪物ランナー・新谷仁美の本音
       

10月10日、東京・新豊洲にナイキジャパンが三井不動産レジデンシャルと共同で開発したスポーツパーク「TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT × ART」がオープンした。世界的に見ても体を自由に動かす場所、スポーツをする環境に乏しい東京に「子どもから大人まで遊び心をもってスポーツに参加できる場」を提供しようというナイキの試みは、多くのアスリートに共感をもって歓迎されている。13日に行われたオープニングイベントに参加した陸上・長距離の新谷仁美に話を聞いた。

(インタビュー・構成=大塚一樹[REAL SPORTS編集部]、写真=NIKE

何もかもが“規格外”の日本トラック界のエース

“駅伝の怪物”として、岡山の興譲館高校時代から日本長距離界を担う逸材として注目されてきた新谷仁美。先日行われたプリンセス駅伝2020でも、8年ぶりとなる実業団駅伝の舞台で3区の区間新記録を1分15秒更新する快走を見せ、所属する積水化学を連覇に導いた。

東京マラソン女子の部初代女王に輝くなどマラソンで結果も残しながら「マラソンは苦しい。やりたくない」と公言し、5000m、1万mのトラック競技を主戦場にする。モスクワで行われた世界陸上、1万mで5位入賞と健闘しながら、翌年の2014年には現役引退を発表。2018年に現役復帰を果たすと、2019年の全国都道府県対抗女子駅伝では東京のアンカーとして7人抜き、5年のブランクを全く感じさせない怪物ぶりを見せつけ、周囲を驚かせた。


REAL SPORTSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「NIKE」に関する記事

「NIKE」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「NIKE」の記事

次に読みたい「NIKE」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月29日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。