「唐の文化を見たければ日本の京都を訪れよ」と中国で言われる理由=中国メディア

「唐の文化を見たければ日本の京都を訪れよ」と中国で言われる理由=中国メディア
中国人の多くが京都を訪れると、古都の街並みや神社仏閣の建築方式から、唐朝時代の息吹を感じるという。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 奈良や京都には世界遺産に登録されている歴史ある木造建造物が数多く存在し、中国人も含めて世界から訪れる観光客が後を絶たない。中国メディアの今日頭条は16日、中国では「唐の文化を見たければ日本の京都を訪れよ」と言われることがあるほどだと紹介する記事を掲載した。

 記事は、中国人の多くが京都を訪れると、古都の街並みや神社仏閣の建築方式から、唐朝時代の息吹を感じるというが、実際に中国では「唐の文化を見たければ日本の京都を訪れよ」と言われると紹介。続けて、京都について「世界の古都のうち、最も中国の要素に満ちた街である」と主張し、中国から伝えられた「唐の文化が現代に至るまで継承され、保存されている都市である」と主張した。

 中国でも世界遺産に登録された建造物は数多くあるが、保護されているのは建物と場所が限定されていることが一般的だ。京都のように人びとが生活するエリアも含めて「街全体に伝統文化が保存されている」ような場所は中国人から見ても魅力的なようだ。

 記事は、京都は「日本人の文化の原点とされる象徴的な場所」であり、その京都に色濃く残る事物の起源は中国にあるとしても「日本に伝えられた後に独自の進化を遂げ、最終的には日本のものとなった」と主張。一方で、中国人にとって京都は「祖先の知恵に触れ、その知恵を深く味わうために何度も訪れたいという気持ちと、自分たちの祖先の文化が日本人によって保存されてきた事実に複雑な気持ちになってしまう都市でもある」と吐露した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事】
東南アジアの人びとが「中韓のように日本を恨まない」理由=中国メディア
U-20W杯で日本がフェアプレー賞、韓国メディア「日本に与えるべきでない」=中国報道
わが子を日本の幼稚園に通わせて驚き「馴染めないと思っていたら・・・」=中国
日本人にとってはごく当たり前のことでも、中国人にとっては理解不能なこと=中国メディア
日本人が「紙幣を偽造しない」理由、その考え方は「完全に正しい」=中国メディア

あわせて読みたい

気になるキーワード

サーチナの記事をもっと見る 2019年6月21日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。