日本スマホ市場でサムスンが6年ぶりの高いシェア、しかし・・・=中国メディア

日本スマホ市場でサムスンが6年ぶりの高いシェア、しかし・・・=中国メディア
中国メディアは、今年第2四半期の日本のスマートフォン市場で韓国のサムスン電子がこの6年で最高のシェアを記録していたことが明らかになったと報じた。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 中国のIT系メディア・IT之家は26日、日韓の対立がエスカレートする中で、今年第2四半期の日本のスマートフォン市場で韓国のサムスン電子がこの6年で最高のシェアを記録していたことが明らかになったと報じた。

 記事は、米市場分析会社ストラテジー・アナリティックスが発表した最新のデータで、同社が今年4-6月に日本で約60万台のスマートフォンを出荷し、同期間の日本市場シェアが9.8%に達したと紹介。この数字は過去6年で最も高いシェアであるとし、2013年に日本で10%以上のシェアを持っていたサムスンが16年には3.4%にまで低下し、その後も5-6%で推移してきたと説明した。

 そして、6年ぶりのシェア拡大となった状況について、フラッグシップ機であるGalaxy S10シリーズの日本での売れ行きが好調だったことが大きな要因だと伝えている。

 また、同時期で最もシェアが大きかったのはアップルの50.8%で、2位がサムスン、3位がシャープの7.2%、4位がソニーの7.0%という結果になったことを紹介した。

 記事はその一方で、7月以降エスカレートしている日韓両国間の貿易摩擦はサムスンにとって不利に働く可能性があると予測。「日本はすでに韓国を、輸出審査の優遇対象国から外しており、28日に新たな規制対象品リストが発効する。日本は800あまりの戦略物資に規制をかけるとみられており、日本におけるサムスンのスマホ業務に不利な影響を生むかもしれない」と伝えた。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事】
河野外相、再びツイッターの「偽中国語」で中国ネットを沸かせる 
続く日本製品ボイコット、韓国メディア「本格的な効果が出始めた」=中国メディア 
輸出規制に激しく反応する韓国、それを気にしない日本・・・両国の「実力の差」が浮き彫りに=中国メディア 
まだまだ強い日本・・・ひそかに中国市場トップに君臨する企業=中国メディア
日韓対立がエスカレートする中で、韓国では文大統領退陣デモも起きている=中国メディア

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2019年8月28日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら