ホンダの新型軽N-WGNが王者N-BOXを追い落とす可能性!「身内」を上まわる衝撃の実力と売れ行き

N-WGNの人気はデイズやN-BOXをも追い上げていく!

ホンダのスーパーハイト系軽自動車のN-BOXの人気はハンパじゃない。今、日本でもっとも売れているクルマであり、販売ランキング1位を更新中。2019年8月の軽乗用車のランキングでも、1万8282台と、2位の新車効果のあるダイハツ・タントの1万6838台を大きくリード。



しかし、同3位の日産デイズやN-BOXを追い上げているのが、ホンダの新型軽のN-WGNだ。デビューしたばかりの8月の販売台数は、いきなりランキング6位の6958台。それだけ見ると、N-BOXや同ジャンルのデイズの1万3432台に差をつけられている感じだが、前年比では驚愕の2635.6%!(前年同月が264台だったこともあるが)の販売台数なのである。発売直後ゆえ、納期に時間がかかるのも約7000台の理由かも知れず、今後、デイズはもちろん、N-BOXを追い上げる勢いなのは間違いなさそうである。



そんな新型N-WGNは、第二世代Nシリーズ、つまり現行N-BOXをベースに、ハイト系ワゴンに仕立てた、ホンダ渾身の1台。

ホンダの新型軽N-WGNが王者N-BOXを追い落とす可能性!「身内」を上まわる衝撃の実力と売れ行き



プラットフォーム、NAとターボを用意するエンジン、CVTは基本的にN-BOX譲りだが、ジェイドRSやヴェゼルRSに採用されていたCVTのブレーキングによって減速制御を行うステップダウンシフト、リニアな加速感をもたらすGデザインシフト、新制御ロジックを取り入れたパワーステアリング、より安定方向に振ったアジャイルハンドリングアシスト、走行フリクションを低減するサイドフォースキャンセリングスプリング採用のフロントサスペンション、チルト機構に加え採用されたホンダ軽初のテレスコピックステアリング、ブレーキのコントロール性を高めるリンク式ペダルなど、軽自動車としてあり得ないような贅沢な技術をフル搭載しているのである。


あわせて読みたい

気になるキーワード

WEB CARTOPの記事をもっと見る 2019年9月29日の経済記事
「ホンダの新型軽N-WGNが王者N-BOXを追い落とす可能性!「身内」を上まわる衝撃の実力と売れ行き」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    N-WGNは先代が早期生産終了した影響で新型の販売が"前月比2635.6%"になりました。 この記事は虚偽の情報を用いて「大人気」を装った悪質な提灯記事、フェイクニュースです。

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「マツダ」のニュース

次に読みたい関連記事「マツダ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「日産自動車」のニュース

次に読みたい関連記事「日産自動車」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スバル」のニュース

次に読みたい関連記事「スバル」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら