bit

サメもハチも実はあまり人を襲わない

サメもハチも実はあまり人を襲わない
フカヒレがおいしいサメですが、恐ろしい種類のものばかりではありません。
「サメ=人を襲うもの」というイメージが強いが、実はそうでもないらしい。
「そうでもない」というのは、あくまで数字上の話ではあるのだけど。

国際サンシャインシティ水族館のコミュニケーション部によると、
「サメのなかで実際に人を襲うのは、細かい種類の数は断定できませんが、全体のなかではホホジロザメやイタチザメ、オオメジロザメなど、ほんの一部だけ」
とのこと。

なぜサメが人を襲うイメージがあるのかについては、
「サメの種類としては、襲われる確率は少ないとはいえ、現実として襲われたことがあるということ、それが漁師さんなどによる口伝えで広まったのではないかというのが一つにあります。また、やはり映画『ジョーズ』のイメージが大きいのではないでしょうか」
ちなみに、『小学館の図鑑NEO 魚』によると、水面から頭を出してえものを襲うことができるのは、ホホジロザメだけだとか。

サメが頭を出してガブッとくるイメージが強いだけに、これはちょっと意外である。さらに疑問なのは、サメの口がずいぶん奥まったところにあること。
鼻(というか顔)は出っ張っているのに、ずいぶん口が奥にある。これではずいぶん不便そうで、どうやって噛み付いているのか不思議だったのだが、いろいろ調べてみると、『おもしろくてためになる魚の雑学事典』(日本実業出版社)のなかに、こんな記述があった。
「獲物に襲いかかるときは顎が自在に外へ飛び出す仕掛けになっている。顎骨は短いが力学的には優れており、クラドセラケの顎がハサミだとすれば、現生種の大部分は針金が切れるペンチにたとえられるほど、発揮できる力が異なっているのだ」
自在に飛び出すとは、ずいぶん便利な顎だが、それでも人を襲い放題というわけではない。

ちなみに、ハチも「人を刺す」というイメージがあるが、実際に刺すハチとして気をつけなければならないのは、世界中で10万種以上もいるといわれるハチのなかで、スズメバチ・アシナガバチなどのごく一部の種類だけ。
これらもよく知られた話ではある。

サメもハチも、実際に事故がときどき起こっているだけに、「そんなに人を襲わない」と確率の問題だけで片付けることはできないけれど、それでも偏見はけっこうあるみたいです。
(田幸和歌子)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2008年10月5日のコネタ記事
「サメもハチも実はあまり人を襲わない」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    アシナガバチも、混乱してたりしないと襲ってこないです 女王バチは、大人しいです

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。