part1はコチラ

自分の眼で確認してもらいたかった

――3月11日。「映画プリキュアオールスターズDX3 未来にとどけ!世界をつなぐ☆虹色の花」の封切り8日前に東日本大震災が起きました。映画のフィルムを一部カットしての上映になったと聞きました。
大塚 「DX3」の制作はスタッフが頑張ってくれて、ギリギリだけどつつがなく完成しました。
鷲尾 そんな順調なときに、まさかあんな大災害が起きるなんて……。
大塚 映画を作るときは大抵のことは想定内なんですけど、違いましたね。3月10日に零号試写を済ませていましたので、映画の仕事を終えた翌日でした。
鷲尾 あとは各映画館にフィルムを配って、公開を待つだけという状況だったので衝撃的でした。翌日、「DX3」は災害を想起させてしまう映像があるんじゃないかという話になって、そのシーンをどうするべきかという会議を行いました。普通だとこういう場に出席するのはプロデューサーだけという場合が多いんですが、どういう話し合いが行われるか大塚監督にも知ってもらいたいと思い、参加してもらいました。会議の末、20秒程度カットすることになった。フィルムに手を入れなければいけないのが、一番つらかったですね。
――その……実際にフィルムを切る判断をしたのは大塚さんなのでしょうか?
大塚 そこで行われた会議は、監督として納得のいくものではなかった。地震や被災者への配慮とはまた別の話で、このフィルムはスタッフみんなが必死に命を注いで作った、いわば僕らみんなの大切な子供みたいなものです。僕の手でフィルムを切ることはできない。ですので、僕はフィルムを切る以外の方法を考えて提示し、訴えました。が、届かなかった。

この記事の画像

「〈映画「プリキュアASDX3」プロデューサー&監督対談〉part2 東日本大震災、想定外の想定外」の画像1 「〈映画「プリキュアASDX3」プロデューサー&監督対談〉part2 東日本大震災、想定外の想定外」の画像2 「〈映画「プリキュアASDX3」プロデューサー&監督対談〉part2 東日本大震災、想定外の想定外」の画像3