「フラッシュ半端ないっすねぇ。おっかしいなぁ、伊藤淳史と小出恵介と一緒に(舞台挨拶)やったときはこんなに集まってなかったんだけど……」

18日、新宿の明治安田生命ホールで映画「ボクたちの交換日記」の試写会とトークイベントが行われた。
登壇したのは脚本・監督を務めたウッチャンこと内村光良と、この日のフラッシュを独占していた長澤まさみだ。
監督・内村が冒頭の愚痴をこぼすと、ようやくフラッシュが向けられた。
「お、フラッシュ、ありがとうございます……でも、どうせ“抜き”で使うんでしょ!」

多くのお笑い芸人が「涙した」と語ったベストセラー小説「芸人交換日記 ~イエローハーツの物語~」(鈴木おさむ著/太田出版刊)。最近では、鈴木おさむの妻・森三中の大島とキングコング西野の舌戦の元になっていることでも話題を集めている。
芸人を一番間近で見てきた放送作家・鈴木おさむだからこそ書けた「お笑い芸人たちの青春」の光と影を、お笑いの世界に身をおき自らも経験してきた内村光良が脚本・監督を務め、温かくもリアルに描いたのが映画「ボクたちの交換日記」になる。
原作では漫才コンビ「イエローハーツ」だった設定が、映画ではお笑いコンビ「房総スイマーズ」となり、「漫才」も「コント」に置き換えられたところに、ウッチャンナンチャン・内村光良のこだわりがうかがえる。劇中で演じられるコントの台本も、すべてコント職人・ウッチャンの書き下ろしだという。