review

夫がウツになってから、心配よりも憎んだ時間のほうが 正直 圧倒的に長かった

有名な児童文学である『モモちゃんとアカネちゃん』(松谷みよ子)シリーズの中に、夫婦を1つの植木鉢に植わった2本の樹にたとえる場面がある。ことほどさように夫婦とは運命共同体。健やかなるときも病めるときも、とはいうものの、もし配偶者が「自分の敵になる病気」よになったらどうすればいいのかーー。
コミックエッセイで人気の池田暁子の新作『思ってたウツとちがう!「新型うつ」うちの夫の場合』は、新型うつのせいで攻撃的になった夫と著者のここ2年間にわたる苦闘を綴ったエッセイマンガ。『エレガンスイブ』(秋田書店)に2012年8月から「夫は自宅警備員」として連載されたものに加筆修正を加えた単行本だ。
数年前に結婚した著者が、夫の異変に気付いたのは2011年。夜中に悪夢を見て目を覚ました夫が、手足がしびれると漏らしたのが最初の異変だった。そこから具合はどんどん悪くなり、「自分はダメだ」「死にたい」と頻繁に口にするようになり、ついには「電車に飛び込んだら楽になるかな」と言う。精神科医の診察を受け「抑うつ状態」と診断され休職することになった夫。そしてこれが二人の苦闘の始まりだった。

なにが苦闘か。
それは夫が、著者の仕事に、それがまるで生きがいのように猛烈にダメ出しをするようになったのだ。週刊誌の連載が終われば「池田暁子は終わった」と宣言し、単行本の刷り部数が少ないと邪推して著者を攻撃する。一番身近な夫が著者の敵になってしまったのだ。夫の休職から約10カ月、耐えきれなくなった著者は自分の心を守るために家出する。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「夫がウツになってから、心配よりも憎んだ時間のほうが 正直 圧倒的に長かった」の みんなの反応 1
  • ひろ 通報

    鬱になった原因はお前だ、親だと言ってみたり、その目つきはなんだと俺が心配じゃないんだろう、別れたら死んでやるって言ってきます。この本はそんな鬱家族の生活を明らかにしてくれる第一歩だと思います。

    0
この記事にコメントする

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク