review

文章を書き終えたらチェックすべき17ポイント

文章を書き終えたらチェックすべき17ポイント
『類語国語辞典』(大野晋 浜西正人/角川書店) 米光愛用のシソーラス/類語辞典。言葉が体系的に分類されているので、ひとつの語を検索してそこからネットワーク状に言葉を探索できる。オススメ。
「宣伝会議編集ライター講座上級コース」で専任講師を続けている。
受講生の文章の上達度がぐっとアップするタイミングがある。
それは、自分で「推敲」ができるようになった瞬間だ。
自分の文章を、客観的に読み返し、修正改善する。
プロの文章を書くためには「推敲」が大切だ。
だが「どう推敲すればよいのか」をつかまずに、ただ何度も文章を書きなおすのは無駄だ。
ポイントをふまえて、推敲し、「文章」が伝わるものになる。それが自分で分かる。そうなると、文を書くことがおもしろくなり、上達スピードが加速する。

そこで、文章を書き終えたらチェックすべき推敲の17ポイントを紹介しよう。

■内容を吟味しよう
【1】伝えたいことが伝わるか?
伝えたいことは何か改めて考えてみよう。
書いた文章で、伝えたいことは伝わるだろうか? 伝えたい衝動を見失ってはいけない。衝動に突き動かされて書いているか? その衝動が伝わるように構成されているか?
*伝えたいことがぼんやりとしていると、乱雑な原稿になる。たとえば「楽しかった」「すごかった」等ではダメで、どう楽しかったのか、どうすごかったのか、という発見/根拠をつかめているかチェックしよう。

【2】誰が読むのか?
読む人は誰だろうか? 具体的に想像して、その人になったつもりで読んでみよう。読者の感情が動くような文章になっているだろうか。最初の一段落目を読んで、読者は放り投げずに先を読んでくれるだろうか。

あわせて読みたい

  • 結論を先に書けは古い! ネットの文章は「釣結逃」で書け!

    結論を先に書けは古い! ネットの文章は「釣結逃」で書け!

  • 人気ブロガーが徹底討論、ウェブでウケる文章の書き方

    人気ブロガーが徹底討論、ウェブでウケる文章の書き方

  • 「まずは名前」が会議のコツ。鈴木謙介『SQ“かかわり”の知能指数』

    「まずは名前」が会議のコツ。鈴木謙介『SQ“かかわり”の知能指数』

  • 情報弱者の罠がそこに! その検索結果はあなた向けのもの、ひとりひとり違うんだよ

    情報弱者の罠がそこに! その検索結果はあなた向けのもの、ひとりひとり違うんだよ

  • レビューの記事をもっと見る 2013年12月17日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース