review

子どもの貧困、女性の貧困、世界の貧困、日本の貧困『世界「比較貧困学」入門』の深刻

子どもの貧困、女性の貧困、世界の貧困、日本の貧困『世界「比較貧困学」入門』の深刻
『世界「比較貧困学」入門』石井光太・著/PHP新書<br />日本は発展途上国よりも恵まれている。たしかにそうかもしれない。だが、その「恵まれている」日本のなかにも貧困問題は確かに存在する。世界と比較することで、日本の貧困のかたちがはっきりとしてくる。本書は通常貧困と対比されて考えられている幸福の本質について考える契機となる入門編。中級編は各自その目で確かめてほしい。
20歳の頃、香港からエジプトまで、旅をしていた。
バックパックを背負って7ヶ月あまり。なんども、物乞いに声をかけられた。
裸の子どももいた。
「1ドルでいい。学校へ行きたいんだ」
僕は、旅の間中一度も「ほどこし」を与えることはできなかった。


『世界「比較貧困学」入門』は、日本と発展途上国とを比較することで、貧困問題の実態を明確にしようとする新書である。
著者の石井光太は、20代の頃から世界を旅してきた作家。アジアにおける貧困層の生活を描いたノンフィクション『物乞う仏陀』でデビューし、これまでスラムやストリートチルドレンに関する本を数多く執筆してきた。

本書では「絶対貧困」と「相対貧困」という二つの概念が用いられる。
絶対貧困とは、1日1,25ドル以下の暮らしを指す。世界で12億人、およそ6人に1人が当てはまるという。

相対貧困は、少しややこしいので簡単に言おう。
日本の場合は単身所得が約150万円以下の人々の暮しを指す。国民の約2000万人、つまり約6人に1人が該当する。
先進国のなかで日本は、イスラエル、アメリカに次いで3番目に相対貧困率が高い。
(正確には、等価可処分所得が全人口の中央値の半分未満の世帯員が相対貧困と定義されている)

本書の構成は以下のとおり。各章のサブタイトルに注目してほしい。

第1章:住居 ───コミュニティー化するスラム、孤立化する生活保護世帯
第2章:路上生活 ───家族と暮らす路上生活者、切り離されるホームレス

あわせて読みたい

  • ニートでも生活保護でも生きていけない現実『生活保護――知られざる恐怖の現場』

    ニートでも生活保護でも生きていけない現実『生活保護――知られざる恐怖の現場』

  • 時給1000円1日8時間のバイトを週5でやるよりも生活保護なのか!?『生活保護3兆円の衝撃』

    時給1000円1日8時間のバイトを週5でやるよりも生活保護なのか!?『生活保護3兆円の衝撃』

  • 東京に3万円で家をつくる方法『モバイルハウス』という生き方

    東京に3万円で家をつくる方法『モバイルハウス』という生き方

  • レビューの記事をもっと見る 2014年4月28日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース