review

「ガンダム Gのレコンギスタ」冒頭10分に見る富野由悠季監督の演出術

「ガンダム Gのレコンギスタ」冒頭10分に見る富野由悠季監督の演出術
『ガンダム Gのレコンギスタ』は今年一番の注目タイトルでもある。このタイミングで「TV Bros.」や「Newtype」の表紙を飾っている
ガンダム・シリーズの生みの親である富野由悠季監督の新作『ガンダム Gのレコンギスタ』(以下『G-レコ』)の冒頭10分間が配信された。
同作品は8月23日から9月5日まで第1話〜第3話をまとめた特別先行版をイベント上映し、10月よりMBSほか「アニメイズム」枠でTV放送が始まるという予定。
これらに先立つ冒頭10分の配信で、ついに『G-レコ』という作品の一部がベールを脱いだわけだが、これが実に濃密なのだ。お行儀のよい「説明」を重ねるのではなく、観客を作品世界の中に放り込んで、現場に立ち会わせるような感覚がある映像。この語り口こそ、富野演出。
というわけで、ここでは『G-レコ』の冒頭10分をつぶさに見ながら、富野監督の演出術のポイントを解説したいと思う。

具体的な解説の前に、あらすじだけ簡単に説明しておこう。
宇宙移民と宇宙戦争の歴史となった宇宙世紀が終わり、長い時が経った。新たな時代、リギルド・センチュリー(R.C.)も1000年を超え、人類は平和な時間を過ごしていた。
R.C.1014年。
地上からそびえ立つ地球と宇宙を繋ぐ宇宙エレベータ、キャピタル・タワー。主人公ベルリ・ゼナムは、このタワーを守るキャピタル・ガードの候補生。ベルリたち候補生が、デレンセンほか教官に連れられ、宇宙エレベーターで宇宙空間での実習に向かうところから物語は始まるーー。


1、モビルスーツに追われる主役機G-セルフ
ロングショットで状況を説明することもなく、モビルスーツに追われるG-セルフを捕らえるカメラ。G-セルフが画面の中の中途半端な位置で飛行しいるところから始まるので、少し不思議な感じがする。いきなり事件の渦中に放り込まれたようなファースト・カットだ。

あわせて読みたい

  • 俺、久しぶりにガンプラ買うわ。「ガンダムビルドファイターズ」の強烈なチョイス

    俺、久しぶりにガンプラ買うわ。「ガンダムビルドファイターズ」の強烈なチョイス

  • シャア専用オーリス市販モデル発表会、そこが知りたかった詳細レポ

    シャア専用オーリス市販モデル発表会、そこが知りたかった詳細レポ

  • 気になるキーワード

    1. イベント 大阪
    2. イベント 東京
    3. イベント 横浜
    レビューの記事をもっと見る 2014年8月11日のレビュー記事
    「「ガンダム Gのレコンギスタ」冒頭10分に見る富野由悠季監督の演出術」の みんなの反応 2
    • よくわからなかった。 通報

      演出の方法以前にGレコは意味がよくわかんなかったです。

      0
    • 匿名さん 通報

      アニメ的なクサいストレスを叫ぶやつみたいなのを感情表現と言ってしまったり、謎の感情移入絶対主義はびこる昨今において、芝居でドラマを見せようというのは面白いし野心的だと思う。それで敗北した感はあるけど。

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    「イベント + 横浜」のおすすめ記事

    「イベント + 横浜」のおすすめ記事をもっと見る

    「イベント + 神奈川」のおすすめ記事

    「イベント + 神奈川」のおすすめ記事をもっと見る

    「イベント + 大阪」のおすすめ記事

    「イベント + 大阪」のおすすめ記事をもっと見る

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース