review

別にお前発のニュースじゃないんだから有頂天になるなよ『インテリやくざ 文さん』が自意識を斬る

わたしさあ 先週フェスに参加してきたの

話している相手が、そんなことを言ってきたら、あなたならどうするだろうか。まあ、たいていは「そうなんだ~」と普通に受け流すことだろう。

しかし、マンガ『インテリやくざ 文さん』の主人公・文さんは違う。「参加」の一言に引っ掛かる。いや、引っ掛かりまくる。この一見何でもない発言をきっかけに、文さんの脳内には、音楽フェスの模様(想像)が映し出される。ヴォーカリスト、ギタリスト、ドラマー……等々、ステージ上のミュージシャンたちには「参加」とタグ付けされるが、客席で声援を送る先ほどの発言主には「?」マークが付せられる。2順ほどそうしたフェスの模様が繰り返されたのち、文さんは告げる。

自分もライブを形成した一員のつもりで“参加”とのたまってるのかもしれんが 2回考えてみてもやっぱただの客だと思うわ

これは、有名人と同じ場に居合わせただけなのに、ちょっと盛って「会った」などと表現してしまったりする心性と似ている。正確には「見た」だけなのだが、自己顕示欲や自意識が、思わずそうした言葉を発させてしまうのだろう。だが、それを面と向かって指摘されてしまったら……ああ、考えただけでも恥ずかしい。

この小意地の悪い(褒め言葉)漫画は、月刊『裏モノJAPAN』の同名連載(継続中)を一冊にまとめたもの。劇画タッチのインパクトのある絵は、久住昌之(『孤独のグルメ』)とのコンビ「泉昌之」の片割れとしても知られる和泉晴紀が担当している。弁当の食べ進め方を偏執狂的にシミュレーションする「夜行」といった傑作を収録した、泉昌之名義の代表作
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク