review

押切蓮介復活!『ピコピコ少年SUPER』ゲームはどんな逆境も支えてくれるのだ

押切蓮介復活!『ピコピコ少年SUPER』ゲームはどんな逆境も支えてくれるのだ
『ピコピコ少年SUPER』押切蓮介/太田出版
●ピコピコ少年ご本人のガイドで溝ノ口巡り

2014年7月28日の真夏日、JR溝の口駅に集合した男たち。筆者も参加しているゲームレビュー本『超超ファミコン』に収録するルポ取材のためですが、溝ノ口という街のどこにゲームとの特別な縁が? それは押切蓮介先生の漫画『ハイスコアガール』『ピコピコ少年』の舞台となったこと。ガイド役も押切さんご本人で、下町だけど気分は超豪華ツアーでした。
ここは何度も不良に追いかけられた場所。ここが秘密基地を作り、友人同士がケンカしてゲームボーイを投げ捨てられたドブ川……ただ水中に魚がいる!というだけでテンションMAXの僕らに「なんかありますの?」と地元のおばちゃんが覗き込んで来たのもいい思い出。
そんなルポが押切さん視点で描かれた一話が収録されているのが、さる2月5日に発売された『ピコピコ少年SUPER』。「屋上のちびっこランドは今でもあるんですよ」と案内しながら「まるで自分の宝を見せびらかす快感」と思っていたり、7月31日に閉園となることを知って感傷に浸る前に「ツイッターのつぶやきのネタに使える!!」と冷静にうそぶく内心が分かってショック!
そこで「ドブ川を聖地に変える力が俺にはある……」と万能感にひたる押切さん。でも、僕らの感動は正確にはちょっと違う。「ただのドブ川を聖地に変えた目の前のピコピコ少年」に打ち震えてたんです。

●「何者にもなれなかったゲーマー達」を代表する魂の叫び

あわせて読みたい

  • 待ちガイルが青春だった時代がたしかにあった『ハイスコアガール』

    待ちガイルが青春だった時代がたしかにあった『ハイスコアガール』

  • 「パックマン」「ゼビウス」「ドルアーガ」……100円玉を握り締めた80年代を思い出せ!

    「パックマン」「ゼビウス」「ドルアーガ」……100円玉を握り締めた80年代を思い出せ!

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2015年2月12日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「本」のニュース

    次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース