review

「分かり合えないから拒絶」じゃなくて「分かり合えないけど好き」もある「ユリ熊嵐」10話

「透明な女の子」に撃たれ、箱仲ユリーカは椿輝紅羽の腕の中で息を引き取った。嵐が丘学園の生徒たちはクマ殲滅に燃え上がる。百合城銀子は姿を消し、残された百合ヶ咲るるは落ちたペンダントを探していた。
「わかりませんね。なぜ百合ヶ咲るるは百合城銀子を裏切るようなマネをしたのでしょうか。百合ヶ咲るるは百合城銀子の『スキ』が叶うのを願っていたはずです。行動が矛盾していますよ」
「わかってないなあ。それは百合ヶ咲るるが百合城銀子を『スキ』だからさ。キラキラァ」
「『スキ』には様々な形がある。だからこそ、クマリア様は断絶を越えようとするすべてのものにお尋ねになるのかもしれない。──あなたの『スキ』は、本物?」

9話で黒幕と目されていたユリーカが退場し、どうなっていくのかいよいよ読めなくなった「ユリ熊嵐」。10話「ともだちの扉」では、これまではっきりと明かされていなかったことがほどかれていった。過去、心情、ユリ承認。

1話2話3話4話5話6話7話8話9話

紅羽は、母・澪愛の遺した絵本『月の娘と森の娘』の結末を知る。月の娘と森の娘は、お互いの前に立ちふさがった鏡を壊し、「約束のキス」を交わすのだ。
「ヒトとクマが……? そんな未来、あるわけないわ!」
叫んだちょうどそのとき、るるが紅羽の家に訪れた。ペンダントを渡し、すぐに帰ろうとする彼女を、紅羽は引き止める。
「お風呂、入っていかない?」
お風呂でるるの髪を洗う紅羽(この光景は7話から9話までのEDイラストに近いが、立場が少しずつズレている)。るるは心中を語る。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク